FC2ブログ

安曇野帰郷 令和元年夏の想い出

2019年7月7日(日)~8日(月)の2日間で、
母親と故郷の長野県安曇野へ行ってきました。

昨年5月に両親と帰郷、その際はマイカーでの
往復でした。その時の記事はこちら。
2018/5/24-25 松本帰郷のついでに。

今回は運転できない母親との二人旅行なので
松本までは「あずさ」で、松本から先は
レンタカーを借りて巡ることにしました。

母親に一度、このE353系特急あずさに乗せて
やりたかったのが、この時に叶いました。
八王子駅から、あずさ7号で旅立ちます。
20190707_01_特急あずさE353系@八王子

ちなみに今回、レンタカーを使うということで、
レール&レンタカーきっぷ」というのを
初めて使ってみました。
出発地から旅行先(レンタカーを使う場所)
までの往復乗車券が2割引、特急券なども
1割引になるというお得なサービスです。

お昼前くらいに松本へ到着。その後、
松本に住む叔父と待ち合わせして昼食を
共にしてから、少しの間別行動になります。

私は松本から大糸線に乗りまして、
こちらの「有明駅」までやって来ました。
20190707_02_有明駅 駅舎

1915年(大正4年)に大糸線の前身にあたる
信濃鉄道の駅として開業し、100年以上の
歴史がある駅です。

小さい頃から気になる駅名で、何となく
安曇野の自然が広がる場所なのかと思い
訪問しましたが、駅からアルプスの山側に
向かって田んぼの中の道を歩いていくと、
清流にたどり着きました。
20190707_03_穂高川@有明付近

こちらは犀川の支流となる「穂高川」です。
てっきり、特急あずさの由来となった梓川かと
思いましたが、違いましたね。
ちなみに梓川はアルピコ交通上高地線に
沿って流れる川になります。

しばし穂高川の綺麗な流れを眺めた後、
有明駅から松本行きの大糸線に乗車します。
長野色と呼ばれる青と緑の帯が入った
E127系電車で運行されています。
20190707_04_大糸線E127系@有明

松本駅に戻ったあと、駅前の営業所で
レンタカーを調達したのち母を乗せて、
「花とハーブの里」と呼ばれる北安曇郡池田町
にあるこの日の宿に向かいました。

ところで「松本走り」というのを聞きますが、
あまりその実感はなく、神奈川を運転するより
スピードを出さず安全に運転できた気がします。

やがて車通りの少ない山道を走ります。
暗くなる前に到着してよかった。こうして、
この日お世話になるお宿「八寿恵荘」に到着。
20190707_05_カミツレの宿 八寿恵荘

健康や自然環境に配慮した安全・安心で
安らぎのある空間という意の「ビオホテル」
に日本で初めて認定されたのだそうです。

ここは都会の喧噪とは無縁で、
宿の中にはテレビすらありません。

薪割りやご飯のかまど炊きの体験ができたり、
周辺の畑で栽培されるカモミールの油を使った
料理や無農薬野菜を味わうことができます。

「八寿恵荘」公式ホームページはこちら。
カミツレの宿 八寿恵荘(やすえそう)

食事をしたダイニングルームでインターネットは
できたので、ブログ更新はできたのですが、
運転の疲れもあり部屋で早々に寝ました。

そして翌8日の朝、朝食前に周辺を一人で
散歩をすることにしました。

宿と小道を隔てた反対側の小高い丘を登ると
広く柵が張り巡らされた場所がありました。
ここが春にはカモミールの花で溢れるようです。
20190708_01_八寿恵荘周辺 カモミール畑

宿に戻って朝食をいただいた後、
仕度をして宿をチェックアウトします。

宿からそんなに離れていないようなので、
ドラマのロケなどで有名な大峰高原に向けて
車を走らせました。

池田町のシンボル「七色大カエデ」です。
夏なので緑の葉ですが、秋の紅葉は絶景です。
20190708_02_大峰高原 大カエデ

大カエデを見終わった後は、池田町の中心へ
移動。この辺りが母親の実家になります。
亡き祖母のお墓参りをしてきました。

さらにその後、隣りの松川村へ移動。
大糸線の信濃松川駅を越えて、
是非行ってみたかった場所がありました。
それがこちら「安曇野ちひろ美術館」です。
20190708_03_安曇野ちひろ美術館

絵本作家のいわさきちひろと、世界の絵本を
収蔵する世界最大規模の絵本美術館です。

館内には展示室が5つあり、いわさきちひろの
生涯とそれに関連する絵本作品が展示されて
おり、興味深く鑑賞させていただきました。

美術館の外にある「安曇野ちひろ公園」へも
足を運びました。公園内のトットちゃん広場には
鉄道ファンにも嬉しい展示物があります。

松川村が長野電鉄から譲受したモハとデハニ、
モハは1927年製、デハニは1926年製という
貴重な車両たちです。
20190708_04_トットちゃん広場

いわさきちひろが表紙絵や挿絵を担当した
「窓ぎわのトットちゃん」の物語にちなみ、
デハニの中にはトモエ学園の電車教室が
再現されています。
ちなみにモハの中は図書館になっています。

最後に訪れたのは、松本方面に南下した
途中にある「信州安曇野スイス村」です。
ここはいつも、お土産を買うために寄っている
のですが、この日はちょうどNHK大河ドラマ
「いだてん」の田んぼアートが行われており、
特設の展望台から観賞しました。

7月なので時期的に「田畑政治篇」になって
いたのですが、田んぼアートは中村勘九郎が
演じる金栗四三の絵となっていました。
20190708_05_いだてん田んぼアート

まさか安曇野で田んぼアートが見られるとは。
後ろの山々と田んぼのコントラストも素敵です。

これで松本駅に戻ってレンタカーを返却し、
復路はあずさ22号で帰ります。
往復ともに、停車駅の少ない速達タイプでした。

今回の旅、実は勤務先の勤続20周年で
カタログギフトをもらいまして、それを使って
旅行するなら故郷の安曇野へ行ってみよう、
珍しい宿に泊まってみようという事でした。

次回からはまた、純粋な鉄旅になる予定です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぼんばー

Author:ぼんばー
いつか日本の鉄道を乗りつくすことを夢見て、ひたすら日本を旅しています。鉄道に関するパワーサイトを構築することが目標です。

乗り鉄の会

鉄道旅行派の同好会に
参加しています。
(敬称略・五十音順)


かめかめブログ
by かめ

鉄道、旅、B級グルメ、季節・・・


鉄・街・旅な、つぶやき日記
by あいあんさいど

鉄道、街歩き、旅…などなど。
いろんな思いを、感じたままに。


日本鉄道路線 制覇への挑戦!
by タカ&ヨシ

日本の鉄道、全路線を制覇に
挑戦しています。


本気で全線を走破したい
ぼんばーの日記
by ぼんばー

本気に全線走破をするまでの
過程を徒然と日記で綴ります。

FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

清き一票をお願いいたします!

にほんブログ村

モテる人のメール