7/31 関西鉄道むすめ&萌えキャララリー その4(谷上篇)

2016年7月31日(日)

「関西鉄道むすめ&萌えキャラスタンプラリー」
2泊3日の最終日3日目は、
残り1つとなった北神急行「北神弓子」の
スタンプを取得しに行きました。

まずは大阪駅から、JR神戸線の快速で
神戸方面に向かいます。
JR神戸線は東海道本線・山陽本線の
大阪~姫路までの愛称です。
20160731_01_221系東海道線快速@大阪

1.JR神戸線 大阪7:35→三ノ宮8:03

三ノ宮で重い荷物をロッカーに預けたあと、
谷上に行く前に1か所寄り道をしました。

2.JR神戸線 三ノ宮8:10→新長田8:19

近畿の駅百選の1つ、新長田駅に来ました。
百選の選定理由になった
「ホームに1400枚の復興モニュメント」
というのを見ておらず、探してみると、
降りたホームの端の方にありました。
20160731_02_元気HAKOBEこうのとり@新長田

「元気 HA KOBE(はこべ)こうのとり」という
テーマが付いていて、震災の時に全国から
送られた復興を応援するメッセージ・イラストが
集められたものです。

著名人の作品もあって、長嶋終身名誉監督や
女優の樋口可南子さんの作品などが
見受けられました。

駅の外に出て、駅舎を撮影。
駅舎の前に、お好み焼きの「こて」の
モニュメントがあるのは知りませんでした。
20160731_03_新長田駅 駅舎

ここまで来たので、商店街を抜けて
「鉄人28号」も見に行きました。
4年前の「KOBE de 清盛」ラリー以来です。
20160731_04_鉄人28号@新長田

それと、やたら「三国志」のキーワードが
見受けられたのですが、
そういえば鉄人28号作者の横山光輝氏が
「三国志」も描いていたんでしたね。

9時前に三ノ宮へ戻れるように、
新長田駅を後にしました。

3.JR神戸線 新長田8:45→三ノ宮8:55

9時に三宮にやって来たのは訳があり、
三宮~谷上間のフリーきっぷ
「北神おでかけ1dayフリーパス」を
購入するためでした。
(地下鉄三宮の駅長室が9時から開くため)

9時前に来ましたが既にお2人の方が
並んでおられたので、結構ニーズのある
フリーパスのようです。

ちなみに三宮~谷上間は2駅ですが
片道で540円、フリーパスは1,000円なので、
単純に往復でも80円お得になります。

地下鉄三宮から目的地の谷上へ、
西神・山手線の電車に乗り込みます。
20160731_05_神戸市営地下鉄谷上行き@三宮

4.地下鉄西神・山手線・北神急行 三宮9:08→谷上9:18

長いトンネルを抜けて谷上に到着。
すると降りたホーム上には、「北神弓子」の
格好をされた方が3人ほどおられました。

この日はちょうど「ひょもりん夏祭り」という
催しをしていたみたいですが、
とりあえずスルーして、まずは駅舎を撮影。
背後には山がそびえています。
20160731_06_谷上駅 駅舎

そして、駅長室の前にスタンプ台を発見。
ここでスタンプを押印し、今回のラリーの
すべてのスタンプを取得となりました。

本来は巫女姿の「北神弓子」ですが、
ここでは駅員の制服を着ています。
20160731_07_北神弓子@谷上

北神弓子は「きたがみきゅうこ」と読みますが
「きゅうこ」ってあまり聞かない名前なので、
「ゆみこ」でよかったんじゃないかな…。

ところで、こちらで開催されていた
「ひょもりん夏祭り」、ひょもりんとは…
正式には「兵庫萌えきゃらりんぐ」という
兵庫県内の6つの萌えキャラの運営者の
コミュニティだそうです。

それでこの日はコスプレさんが集まって
いたわけですね。
北神弓子の半公式コスプレイヤーの方もいて
写真を…とも思いましたが、後々問題になるのも
嫌なので止めておきました。

すべてのスタンプを集めたということで
今度は北神急行の車両で三宮に戻ります。

隣のホーム奥には神戸電鉄の車両が見えます。
同ホームで乗り換えられるようにしてるんですね。
20160731_08_北神急行@谷上

5.北神急行・地下鉄西神・山手線 谷上9:41→三宮9:51

三宮に到着後、JRの駅に移動してロッカーから
荷物を取り出し、青春18きっぷを使って
東海道本線を乗り継いで横浜まで帰ります。

223系の新快速を皮切りに、
横浜までは6本の電車を乗り継ぎました。
20160731_09_新快速223系@三ノ宮

6.JR東海道本線 三ノ宮10:08→米原11:53
7.JR東海道本線 米原12:00→大垣12:32
8.JR東海道本線 大垣12:41→蒲郡13:57
9.JR東海道本線 蒲郡14:00→浜松14:57
10.JR東海道本線 浜松15:09→熱海17:42
11.JR東海道本線 熱海17:51→横浜19:18

三ノ宮から横浜まで実に9時間かかりました。

これで3日間の関西鉄道むすめ&萌えキャラ
スタンプ巡りが終了。8個すべてのスタンプが
押された台紙、証跡として載せておきます。
20160731_10_関西むすめスタンプ コンプリート

帰りの電車の中でふと気づいたのですが、
今回のラリーはスタンプを全部集めたら
限定のクリアファイルがもらえたのに
谷上駅の駅長室前まで行っておいて、
もらうのをすっかり忘れていました。
まあ、これが目的ではないのでよいのですが…

今回で「関西鉄道むすめ&萌えキャララリー」
の旅行記は終了となります。
最後までありがとうございました。

次回も、スタンプラリーがテーマになりますが
鉄道むすめではなく、ゆるキャラが登場です。

続7/30 紀州鉄道 往きは歩いて帰り乗る

2016年7月30日(土)

前回の続きです。

「関西鉄道むすめ&萌えキャラスタンプラリー」
で大阪府と和歌山県のスタンプを取得後、
和歌山駅からきのくに線に乗車します。

きのくに線(正式には紀勢本線)にも、
阪和線と同じ223系が走るようになりました。
20160730_11_きのくに線223系@和歌山

8.JR紀勢本線 和歌山12:50→御坊13:54

乗車した電車の終点、御坊駅が目的地。
御坊駅が起点の「日本一短いローカル線」
と呼ばれる、紀州鉄道の乗車が目当てです。

といっても、次の電車が来るまで時間があり、
全長2.7kmの路線ということで、
まずは終点の西御坊駅まで歩いて、
帰りに列車に乗ってみることにしました。

ということで、JR御坊駅を出発します。
20160730_12_御坊駅 駅舎

最初は線路とは並行せず、
道路に沿って歩きました。

しばらく歩いていると、
紀州鉄道と交差する踏切が見えてきました。
すると、ちょうど踏切の警報器が鳴り
御坊に向かう列車が行き過ぎていきました。

そこですかさず、田園の中を走る
紀州鉄道の列車を撮影。
1つ目の駅、学門の近くになります。
20160730_13_紀州鉄道@学門駅付近

さらに歩いて行くと、2つ目の駅になる
紀伊御坊駅の前にやって来ました。

紀州鉄道の鉄道部事務所が入っており、
ローカル線の途中駅にしては立派な駅舎です。
20160730_14_紀伊御坊駅 駅舎

これが紀州鉄道の本社かと思いきや
本社は東京の水道橋にあるそうです…。

実は紀州鉄道の主要事業は、
リゾートホテル運営などの不動産業で、
鉄道事業収益の割合は僅少という
ユニークな経営をしている鉄道会社です。

でもそのお陰で(?)このような
ローカル線でも現役で走り続けています。

御坊市役所の近くにある踏切で、今度は
終点に向かう列車が通っていきました。
真っ直ぐ伸びる線路の向こうに、見えますか?
20160730_15_紀州鉄道線路@御坊市役所付近

そして線路に並行する国道沿いに進むと、
紀州鉄道線の終点、西御坊駅に到着。
御坊から西御坊まで、歩いて約50分でした。

年季の入った駅舎と単行の気動車です。
20160730_16_西御坊駅と紀州鉄道KR301

駅の反対側に回り、終点側から列車を撮影。
かつてはこの先にも線路が伸びていて、
日高川という駅まで運行していたようです。
20160730_17_西御坊駅 車止め側

西御坊駅のホームというか駅舎内には、
写真で紀州鉄道の歴史を振り返る
ギャラリーになっていました。

そして「日本一短いローカル線」の看板も。
昔は御坊臨港鉄道という名前だったんですね。
20160730_18_西御坊駅 ホーム

このまま紀州鉄道の気動車に乗って、
御坊駅まで戻りました。
全線乗って180円、所要時間は8分です。

9.紀州鉄道 西御坊15:10→御坊15:18

JRの御坊駅のホームに戻ると、
きのくに線のもっと先、紀伊田辺へ向かう
青色の電車が止まっていました。
中間車だった車両を先頭車改造した113系。
20160730_19_きのくに線113系@御坊

紀伊半島の先に行くのはまた次の機会
ということで、こちらの223系電車で快適に
和歌山、大阪へ帰ります。
20160730_20_きのくに線223系@御坊

10.JR紀勢本線 御坊15:33→和歌山16:36
11.JR阪和線・大阪環状線 和歌山16:58→大阪18:28

これで2日目の旅程が終了。
ラリーのスタンプはあと1つ、
北神急行の「北神弓子」だけになりました。

次回は最終日の神戸篇をお送りいたします。

7/30 関西鉄道むすめ&萌えキャララリー その3(大阪・和歌山篇)

2016年7月30日(土)

「関西鉄道むすめ&萌えキャラスタンプラリー」
関西巡り2泊3日の2日目は、
大阪府と和歌山県の鉄道むすめスタンプを
取得しに行きます。

・泉北高速鉄道和泉中央駅「和泉こうみ」
・和歌山電鐵伊太祈曽駅「神崎みーこ」

1年前の全国鉄道むすめ巡り2015関西篇の
1日目と同じような行程になりました。
7/12 全国鉄道むすめ巡り2015 その5-1(大阪・和歌山篇)

宿泊地の大阪駅からJR乗継ぎで
難波に出て、南海電鉄に乗り換えます。

1.JR大阪環状線 大阪7:45→新今宮8:12
2.JR関西本線 新今宮8:14→JR難波8:17

新今宮でも南海に乗り換えられたのですが
あえて始発の難波まで回りました。
和泉中央に行くのに、難波から乗ったのは
この電車です。
20160730_01_泉北ライナー@難波

昨年12月から登場した泉北高速鉄道直通の
特急「泉北ライナー」です。
これで一気に和泉中央へ。

3.泉北ライナー63号 難波8:54→和泉中央9:24

ここで1つ目の鉄道むすめ「和泉こうみ」の
スタンプを取得。
前年と同じ場所に設置されていました。

駅の外に出て、近畿の駅百選に選定された
駅舎を撮影しました。
20160730_02_和泉中央駅 駅舎

次は和歌山に向かいます。
前年と同様、バスで阪和線の
和泉府中に出ることにしました。

4.南海バス 和泉中央駅9:30→和泉府中駅9:47

和泉府中駅からはJR移動になるため
青春18きっぷを使用します。
阪和線、紀州路快速の225系電車です。
20160730_03_225系関空・紀州路快速@和泉府中

5.JR阪和線 和泉府中10:04→和歌山10:54

和歌山からは、和歌山電鐵に乗り換え。
乗車するのは、前月に登場したばかりの
ユニーク電車第4号「うめ星電車」です。
20160730_04_うめぼし電車@和歌山

6.和歌山電鐵貴志川線 和歌山11:25→伊太祈曽11:45

鉄道むすめのスタンプは前年同様、
伊太祈曽駅に設置してあるため、
ここで下車しました。

昨年、鉄道むすめのフラグが立っていた
場所には「たま駅長」のパネルがありました。
ホームではちょうど電車の行き違いです。
20160730_05_うめぼし電車&絵手紙電車@伊太祈曽

改札を出て、鉄道むすめ「神崎みーこ」の
スタンプを取得。ここでのスタンプは3回目。

そのまま駅を出て、駅舎を撮影しました。
20160730_06_伊太祈曽駅 駅舎

次の電車まで時間があるため、
前年に引き続き伊太祁曽神社を訪問。
ちょうどこの日は「わくぐり」と呼ばれる
夏越の大祓が行われる日でした。
20160730_07_伊太祁曽神社 鳥居

神社の本殿前、わくぐりの横には
地元の人が描いた絵が飾ってあります。

その中にたま駅長の絵も。実はこれ、
和歌山電鐵の社長が描いたみたいですね。
書籍のアピールもしっかりしています。
20160730_08_伊太祁曽神社 わくぐり

電車がやって来る時間になったので
伊太祈曽駅に戻りました。

ホームへの渡り線から車庫を見ると
奥の方に和歌山電鐵のユニーク電車
「いちご電車」と「おもちゃ電車」が見えます。
20160730_09_伊太祈曽駅 車庫

ホームで待っていると、先に入線したのは
「たま電車」の貴志行き、そして後から
「うめ星電車」の和歌山行きが来ました。
20160730_10_たま電車&うめぼし電車@伊太祈曽

過去2回はここから終点の貴志へ
向かいましたが、今回は和歌山に戻ります。

7.和歌山電鐵貴志川線 伊太祈曽12:16→和歌山12:34

この日に予定していたスタンプ取得は終了。
午後はきのくに線に乗って、御坊へ。
御坊といえば、あの鉄道ですね。

その模様は、次回にお送りします。

続7/29 京都鉄道博物館初訪問

2016年7月29日(金)

前回の続きです。

「関西鉄道むすめ&萌えキャラスタンプラリー」
で滋賀県、京都府の合わせて4駅を巡った後
JR山陰本線丹波口駅で下車し、
歩いて向かった先はこちらです。
20160729_11_京都鉄道博物館 入口

2016年4月にオープンしたばかりの
「京都鉄道博物館」に初訪問しました。

もともとここにあった「梅小路蒸気機関車館」と
大阪弁天町にあった「交通科学博物館」を
集約して作られた施設です。

現時点では、さいたまの「鉄道博物館」や
名古屋の「リニア・鉄道館」を面積・展示車両数
で上回り、日本最大の鉄道博物館となります。

入場料は大人1,200円。
交通系ICカードでも購入可能だったので、
ここはモバイルSuicaで購入しました。

エントランスホールを通ってすぐの
プロムナードに出ました。

C62形蒸気機関車と、国鉄80系電車、
右には0系新幹線も見えます。
いずれも、かつては大阪の交通科学博物館に
展示されていた車両なのだそうです。
20160729_12_京都鉄道博物館 C62機関車とクハ86形電車

C62の後方には国鉄20系客車の食堂車、
さらに大阪環状線の103系電車もいました。

プロムナードを通り抜け、本館に入ります。
個人的に目を引いたのが500系新幹線。
ついに博物館に展示される日が来ましたか。
20160729_13_京都鉄道博物館 500系新幹線

ほかにも往年の特急車両や100系新幹線も
展示されていました。

奥の「車両工場」コーナーは引込線に
なっており、展示車両の交換が可能とのこと。
ここにはトワイライトエクスプレスで使われた
電源車(手前)と客車(奥)がいました。
20160729_14_京都鉄道博物館 トワイライトエクスプレス客車

1階の展示車両と施設を一通り見た後、
2階へ移動。下の1階を見下ろしました。
この日は平日でしたが、夏休み中という
こともあり、かなりのお客さんがいました。
20160729_15_京都鉄道博物館 2階より全景

2階では運転シミュレータ、企画展示室、
関西の鉄道コーナーなどを見学してから
外のスカイテラスに出てみました。

ちょうど東海道新幹線が大阪方面に
向かって横切って行くところを撮影。
奥には東寺も見えます。
20160729_16_京都鉄道博物館 スカイテラス

館内に戻り、鉄道ジオラマのコーナーへ。
ジオラマも東日本や東海の博物館の
それを超えて最大級のものを作ったようで、
JR西日本の車両に限らず様々な車両を
走らせているようでした。

一番手前にはカシオペアが、
中程にはE7系(W7系?)新幹線が見えます。
20160729_17_京都鉄道博物館 鉄道ジオラマ

本館見学後は、かつての
梅小路蒸気機関車館のシンボルだった
扇形車庫と転車台の前に来ました。

いくつもの蒸気機関車が並ぶ姿は
圧巻でした。
20160729_18_梅小路蒸気機関車庫

車庫に止まっている機関車を見ているうちに
そろそろこちらを発つ時間になりました。

博物館の出口にあたる、旧二条駅舎です。
梅小路蒸気機関車館のエントランスとして、
この場所へ移築されたものです。
20160729_19_旧二条駅舎

結局、京都鉄道博物館に滞在したのは
1時間半ほどでした。
ご紹介の写真もかなりのダイジェストです。

ここからは梅小路公園を通って
京都駅へ向かいました。

途中の「すざくゆめ広場」では、
明治に京都市内を走ったチンチン電車を
走行させています。
鉄道博物館の外でもこんなレトロな車両が
見られるというのは、粋な計らいです。
20160729_20_梅小路公園 チンチン電車

20分近く歩いて、京都駅に到着。
京都からは新快速で大阪へ移動です。

12.JR東海道本線 京都15:30→大阪15:58

この後はホテルにチェックインし、
本町で友人と会食でした。

これで長かった関西1日目が終了。
次回は翌日の2日目、大阪和泉を経て
和歌山への鉄旅になります。

7/29 関西鉄道むすめ&萌えキャララリー その2(滋賀・京都篇)

2016年7月29日(金)

毎年恒例となった鉄道むすめ巡り、今年は
「関西鉄道むすめ&萌えキャラスタンプラリー」
として3月26日~8月31日という期間で
全8か所を廻る形で行われています。

5月に1か所、大阪モノレールの鉄道むすめ
「豊川まどか」のスタンプを押印しましたが、
今回は2泊3日で残り7つのスタンプ取得を
する計画を立てました。

1日目は手始めに、滋賀県と京都府の
計4事業者のむすめをリレーします。

・近江鉄道八日市駅「豊郷あかね」
・京阪電鉄石山寺駅「石山ともか」
・京都市交通局太秦天神川駅「太秦萌」
・嵐電嵐山駅「福王子ひかる」

前日の7月28日の夜に横浜を久々乗車の
「ムーンライトながら」に乗って出発。

・ムーンライトながら 横浜23:36→大垣5:50
・JR東海道本線 大垣5:53→米原6:27

米原駅に到着すると、まずは1つ目の
近江鉄道に乗り換えです。
20160729_01_近江鉄道@米原

1.近江鉄道本線 米原6:39→八日市7:35

途中、彦根で10分間停車があり、
この時間を使って彦根駅のロッカーに
荷物を詰めて身軽になりました。

そのまま同じ電車で進んで、
第1チェックポイントの八日市駅に到着し、
鉄道むすめ「豊郷あかね」のスタンプを取得。

八日市駅は近畿の駅百選ラリーで
2001年に訪れて以来、15年ぶりの訪問です。
20160729_02_八日市駅 駅舎

鉄道むすめの名前の由来は、豊郷駅と
路線愛称の「万葉あかね線」から。

その「万葉あかね線」と呼ばれる八日市線で
近江八幡に出て、JRで彦根に戻ります。

2.近江鉄道八日市線 八日市7:41→近江八幡8:00
3.JR東海道本線 近江八幡8:10→彦根8:25

彦根駅で下車しました。
こちらも近畿の駅百選に選定されています。
20160729_03_彦根駅 駅舎

ここで少し寄り道をして、彦根城へ。
近江鉄道の1DAYフリーきっぷで入場料が
1割引になるということで行ってきました。

彦根城とゆるキャラのひこにゃんです。
20160729_04_彦根城とひこにゃん

例によって天守閣に登って、
しばらくは四方の眺めを楽しみました。
近くには琵琶湖が大きく見えています。
20160729_05_彦根城から琵琶湖

この後、同じ入場券で入れる玄宮園に寄り
彦根駅に戻りました。

予定よりも30分早い電車に乗れそうなので
急いでロッカーから荷物を取り出して、
ホームに向かい、新快速に乗り込みます。

4.JR東海道本線 彦根9:55→石山10:30
5.京阪石山坂本線 京阪石山10:36→石山寺10:41

第2チェックポイントは石山寺駅です。
3年連続となる鉄道むすめ「石山ともか」の
スタンプを取得しました。
20160729_06_石山ともか@石山寺

後で見比べて分かりましたが、昨年とは
むすめのデザインが変わっていました。

3年連続で石山寺駅だったので、個人的には
むすめの名前のもう1つの由来になった
坂本駅の方にスタンプを移動してみては、
と思いました。

この後は太秦天神川、嵐山と続きます。
昨年と同じ行き方でも行けるのですが、
今回は青春18きっぷがあったので
途中はJRを使い、京都、二条経由で。

6.京阪石山坂本線 石山寺10:50→京阪石山10:54
7.JR東海道本線 石山11:00→京都11:13
8.JR山陰本線 京都11:17→二条11:23

京都駅の少ない乗り換え時間でロッカーに
荷物を詰めて、二条駅までやって来ました。

二条駅もまた近畿の駅百選の選定駅。
駅舎上部の編笠が特徴的です。
20160729_07_二条駅 駅舎

ここで地下鉄東西線に乗り換え、
2駅先の太秦天神川まで乗車します。

9.京都市営地下鉄東西線 二条11:29→太秦天神川11:33

第3チェックポイントの太秦天神川で
京都市営地下鉄の萌えキャラ「太秦萌」の
スタンプを取得しました。
鉄道むすめではなく、女子高生風の
キャラクターになっています。

ホームドアのため地下鉄の写真は撮れず、
代わりに太秦天神川駅の出口を撮影。
嵐電の嵐電天神川駅からすぐの場所です。
20160729_08_太秦天神川駅

そして、嵐電で嵐山駅に向かいます。

10.嵐電嵐山本線 嵐電天神川11:40→嵐山11:52

嵐山駅で乗ってきた電車を撮影。
ホームの奥には足湯があります。
20160729_09_嵐電@嵐山

最後の第4チェックポイント嵐山駅で、
嵐電イメージキャラクター「福王子ひかる」の
スタンプを取得しました。

こちらも2年連続なので、次回があれば
四条大宮や北野白梅町あたりに
スタンプを移してみてはと思います。

そしてこの日4駅目となる近畿の駅百選
嵐山駅も撮影しておきました。
20160729_10_嵐山駅 駅舎

この後、駅舎の2階にある京風レストランで
昼食をいただきました。
ヘルシー丼、美味しかったです。
京都嵐山 嵐丼

昼食後は山陰本線の嵯峨嵐山へ移動。
京都の1つ手前、丹波口駅で下車。

11.JR山陰本線 嵯峨嵐山13:08→丹波口13:20

この日予定のスタンプ4つを取得して、
時間が余ったので、丹波口駅で降りて、
歩いて向かった先は、あの場所です。

次回に続きます。
         
プロフィール

ぼんばー

Author:ぼんばー
いつか日本の鉄道を乗りつくすことを夢見て、ひたすら日本を旅しています。鉄道に関するパワーサイトを構築することが目標です。

FC2乗り鉄の会

鉄道旅行派の同好会に
参加しています。
(敬称略・五十音順)


hmdの鐵たびブログ
ローカル線の旅
by hmd

写真を中心に「見る紀行文」で、
長期連載しています。


かめかめブログ
by かめ

鉄道、旅、B級グルメ、季節・・・


旅のカケラ
by PoW

鉄道の旅日誌と撮影記録


鉄・街・旅な、つぶやき日記
by あいあんさいど

鉄道、街歩き、旅…などなど。
いろんな思いを、感じたままに。


日本鉄道路線 制覇への挑戦!
by タカ&ヨシ

日本の鉄道、全路線を制覇に
挑戦しています。


本気で全線を走破したい
ぼんばーの日記
by ぼんばー

本気に全線走破をするまでの
過程を徒然と日記で綴ります。

FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

清き一票をお願いいたします!

にほんブログ村

モテる人のメール