7/23 青春18きっぷでJRだけ乗車旅 上越線で水上まで篇

2016年7月23日(土)

2年ぶりに夏季の青春18きっぷを購入し、
上越線で群馬県の北端になる土合まで
行ってくる計画を立てました。

自宅を7時過ぎに出て、横浜駅へ。
東海道線上りホームから上野東京ラインで
高崎線直通となる電車に乗車しました。
20160723_01_上野東京ラインE233系@横浜

1.JR上野東京ライン・高崎線 横浜7:59→高崎10:15

となるはずだったのですが…
川崎~品川間を走行中、上野駅で
人身事故が発生し、品川駅手前で停車。
結局、品川駅で降ろされることに。

動いている京浜東北線に乗り換えて先を進むと
東京駅に着いた頃に復旧したとのことで、
東京駅で再び上野東京ラインのホームへ。
でも遅延発生とのことで20分ほど待たされ、
そのあと何とか高崎線直通に再乗車しました。

よって、こうなりました。

1.JR東海道本線 横浜7:59→品川8:30頃?
2.JR京浜東北線 品川→東京(時刻不明)
3.JR上野東京ライン・高崎線 東京→籠原(時刻不明)
4.JR高崎線 籠原10:15→高崎10:47

3の電車は前橋行きだったのですが、
なぜか籠原で待っていた高崎行きに接続。
4は湘南新宿ライン経由だったようです。

本当は高崎10:31発の上越線水上行きに
乗って、水上で長岡行きに乗り換えて
土合まで行きたかったのですが、
不可抗力により叶いませんでした。

そこで気を取り直して、土合は諦めて
水上まで行って帰ってくることに変更。
一応、水上でも見たいものがあったので。

群馬でも今夏のSL運行が開始されて、
駅のコンコースには氷の彫刻のSLが
飾られていました。
20160723_02_氷のSL@高崎

高崎駅ではいくつかSL関連イベントが
行われており、そこで時間を潰してから
上越線のホームへ。
115系湘南色の電車がまだ現役です。
20160723_03_上越線115系@高崎

5.JR上越線 高崎11:33→水上12:38

水上に到着。すると反対がのホームに
客車が停車していました。
これはもしや、SLがここまで来たか…?
20160723_04_水上駅ホームにて

水上駅の駅舎を撮影。
最近きれいに改修されたみたいですね。
20160723_05_水上駅 駅舎

ここで見たいものを見ておこうと、
駅を出て右の方向へ歩いていくと
その目的地「転車台ひろば」には
結構な人が集まっていました。

SL蒸気機関車が2台見えました。
こちらは、この場で生態保存されている
「D51 745」機関車です。
20160723_06_D51 745@水上

そして本来の目的であったのが
こちらの転車台です。
2010年の「第2回 関東の鉄道お宝ラリー」で
ラリーポイントのお宝になっていたことで
前から見てみたいと思っていました。
20160723_07_水上駅転車台

ここでSLが転回するところを見たかったなぁと
思いましたが、この日は既に回ってしまった
ようで、隣りにその機関車「D51 498」が
煙を上げて止まっていました。

どうやらこの日はSLみなかみ号の運転日で
先ほどの客車はこれに引っ張られていた
ものだったんですね。
20160723_08_SLみなかみ機関車

早くも水上から離れる時間が近づいてきて
駅の方に戻ります。ホームに目を向けると
客車の向こうには、長岡方面からやってきた
E129系電車が止まっていました。

もし人身事故がなければ、
あの電車にも乗れていたのになぁ。
20160723_09_水上駅ホーム遠景

往路と同じ115系電車に乗って、
高崎まで戻ります。

6.JR上越線 水上12:58→高崎14:01

お昼ご飯がまだだったので、高崎駅で
駅弁を買って、電車の中で食べることに。

行きは上野東京ラインだったので、
帰りは湘南新宿ラインの特別快速で。
20160723_10_湘南新宿ラインE233系@高崎

7.JR高崎線・湘南新宿ライン 高崎14:14→横浜16:30

これでこの日の乗り鉄は終了です。
土合駅、今度いつ行こうかな…。
冬は寒そうだから、やっぱり夏に行くのが
いいですかね。そうすると来年かなぁ…。

2006年9月 福岡ゾーンの旅 3日目(筑豊・後藤寺線~門司港)

2006年9月5日(火)

周遊きっぷ「福岡ゾーンの旅」での鉄旅3日目
最終日は筑豊本線の未乗車区間と後藤寺線を
乗りつぶして最後に門司港へ向かいます。

2日間お世話になったホテルをチェックアウトし
博多駅からまずは鹿児島本線に乗って
筑豊本線との乗換駅、原田へ行きます。

1.JR鹿児島本線 博多8:18→原田8:36

快速電車で20分足らず、原田に到着です。
20060905_01_原田駅 駅舎

原田は「はるだ」と読みます。
九州の地名には「原」を「はる」と読むのが
多いです。地域性ですかね?

筑豊本線の桂川~原田間の通称原田線は
平日8往復、休日9往復というローカル線で
昼間は4時間ほど列車が走らない時間帯も
あるため、朝早めに乗りに行きました。

天候の悪い中、
原田線のキハ31形気動車に乗車します。
20060905_02_筑豊本線@原田

2.JR原田線 原田9:19→桂川9:47
3.JR福北ゆたか線 桂川9:52→新飯塚10:01

同じ筑豊本線ですが、運転系統の違いにより
愛称も分かれて別線扱いされています。

前日も乗った福北ゆたか線に乗り換え、
今度は後藤寺線乗車のため新飯塚へ。
20060905_03_新飯塚駅 駅舎

4.JR後藤寺線 新飯塚10:45→田川後藤寺11:06

後藤寺線に乗車したことで、
福岡ゾーンの区間を完乗しました。

田川後藤寺からは日田彦山線と鹿児島本線を
乗り継いで、最後の目的地である門司港へ。

5.JR日田彦山線 田川後藤寺11:08→小倉12:15
6.JR鹿児島本線 小倉12:45→門司港12:59

ちなみに日田彦山線で乗ったのは
前日と全く同じ便でした。

重要文化財の門司港駅舎を撮影しました。
2016年現在は保存修理工事中です。
20060905_04_門司港駅 駅舎

午後の時間は「門司港レトロ」と呼ばれる
観光地巡りとなりました。

まず向かったのは、鉄道好きとしては
外せない場所、九州鉄道記念館です。
20060905_05_九州鉄道記念館 中央ゲート

国鉄時代に活躍した機関車、客車、電車が
たくさん展示されているのですが、
当時のデジカメのメモリーが少なくて、
写真がまったく撮られていませんでした。

唯一写したのは、国の有形登録文化財である
本館(旧九州鉄道本社)の外観でした。
20060905_06_九州鉄道記念館 本館

九州鉄道記念館を出た後は、
海沿いを歩いたのでしょうか。
海峡越しに見る、関門橋です。
20060905_07_門司港からの関門橋

そして、門司港レトロの数々の建物を
散策して廻りました。

こちらは旧門司税関です。
中は税関の展示コーナーやギャラリーに
なっています。
20060905_08_旧門司税関

こちらは国際友好記念図書館です。
建てられたのは1995年で、中国の大連にある
ロシア帝国が建設した建物を複製したもの
なのだそうです。
20060905_09_国際友好記念図書館

たっぷり門司港レトロを満喫して、
小倉に移動して新幹線で帰路に着きます。

7.JR鹿児島本線 門司港17:00→小倉17:12

次の日に大阪に寄る用事があったため
せっかくなので、この機会でないと乗れない
700系新幹線「ひかりRailStar」に乗車です。
20060905_10_ひかりRail Star@小倉

8.ひかり476号 小倉18:02→新大阪20:20

翌日9月6日の午後に東海道新幹線で
横浜に帰りましたが、この日は秋篠宮家に
悠仁親王がご誕生された日で、私は
大阪滞在時にこのニュースを知りました。

<周遊きっぷ>
・ゆき:横浜市内→北九州市内 10,280円
・ゾーン:福岡ゾーン 4,500円
・帰り:北九州市内→横浜市内 10,240円
※新下関~小倉がゆきは在来線経由、 
 帰りは新幹線経由なので値段が違います。
◎周遊きっぷ計: 25,020円

<特急券・寝台券>
・富士(特急券+B寝台券) 9,450円
・ひかり(小倉→新大阪) 5,040円
・のぞみ(新大阪→新横浜) 5,340円
◎特急券・寝台券計: 19,830円

よって、旅行費用総額は44,850円でした。

これで2006年の福岡旅行記を終わります。
最後までご覧いただきありがとうございました。

☆2015年11月に門司港へ再訪しました。
続11/23 門司港レトロ観光線と関門海峡1周

☆周遊きっぷの旅 バックナンバーはこちら。
周遊きっぷの旅 リンク集

2006年9月 福岡ゾーンの旅 2日目(久大・日田彦山・筑豊・篠栗・香椎線で福岡1周)

2006年9月4日(月)

周遊きっぷ「福岡ゾーン」での鉄旅2日目は
久大本線、日田彦山線、筑豊本線、
篠栗線、香椎線で福岡県内を1周しました。

周遊きっぷで観光なしの純粋な乗り鉄は
この日だけではないかと思います。

博多駅からまず初めに乗車したのは、
久大本線の特急「ゆふDX」です。
20060904_01_ゆふDX@博多

この特急車両キハ183系1000番台は
現在は「あそぼーい!」という名前で
別の路線を走っていますが、過去に5度も
路線と愛称、そして車体の色を変えて
運転されています。

実は2000年の夏に九州旅行をした際は
大村線を走る特急「シーボルト」として
乗車したことがありました。

周遊きっぷのゾーン券だけで乗れる
自由席に乗車して、久大本線の
大分県日田駅まで行きます。

1.ゆふDX1号 博多7:44→日田9:05

日田駅に到着し、記念に駅舎を撮影。
これは2006年当時の姿で、
2015年に改装されているみたいですね。
20060904_02_日田駅 駅舎

日田からは、この時初乗車になる
日田彦山線に乗り換え、小倉まで。

乗車したのはJR九州では一般的な、
白地に青のラインの気動車でした。
20060904_03_日田彦山線@日田

2.JR日田彦山線 日田9:36→小倉12:15
3.JR鹿児島本線 小倉12:19→戸畑12:27

小倉で鹿児島本線に乗り換え、
戸畑駅で下車。

洞海湾の上を通る若戸大橋。
次はこの橋の下の海を渡船で渡ります。
若戸渡船、料金は片道100円です。
20060904_04_若戸大橋

4.若戸渡船 戸畑→若松(時刻不明)

反対側の若松に到着し、次に乗るのは
筑豊本線の若松から折尾までの区間、
通称「若松線」です。

この区間は非電化で、気動車に乗車。
20060904_05_筑豊本線@若松

5.JR筑豊本線 若松13:04→折尾13:23

終点の折尾で、歴史的建築物だった
当時の東口駅舎を撮影。
付近の連続高架化事業のため、
残念ながら現在は取り壊されています。
20060904_06_折尾駅 駅舎

さらに筑豊本線で先に進みますが、
折尾から桂川までの区間と篠栗線を
合わせた通称「福北ゆたか線」に乗車。
こちらは新型の電車でした。

6.JR福北ゆたか線 折尾13:35→博多14:57

博多に戻ってきましたが、これで終わらず
香椎線の始発駅、宇美までバス移動。

7.西鉄バス 博多バスターミナル→JR宇美駅(時刻不明)

バスは途中、福岡空港を通って、
45分ほどかけて宇美駅に到着しました。

宇美駅は近くに宇美八幡宮があることから、
鳥居の形をイメージした駅舎になっています。
20060904_07_宇美駅 駅舎

8.JR香椎線 宇美16:49→西戸崎17:43

香椎線はJRで唯一、
両端の駅が他線と接続しないという路線です。
また、博多近傍を走りながら、今でも非電化。
終点の西戸崎でその気動車を撮影しました。
20060904_08_香椎線@西戸崎

そしてこちらは1998年に新築され、
ヨットをイメージした西戸崎の駅舎です。
20060904_09_西戸崎駅 駅舎

ここからはこの日2度目の渡船で
博多埠頭へ移動しました。

9.福岡市営渡船 西戸崎→博多埠頭(時刻不明)

渡船を降りた先にあるベイサイドプレイスです。
初めはここに見える塔が福岡タワーだと思って
いましたが、こちらは博多ポートタワーでした。
天気が悪く、日も暮れかかっていたため、
展望室には登りませんでした。
20060904_10_福岡タワー

この後、博多埠頭のバスターミナルからバスで
博多駅に戻り、ホテルにチェックインしました。

10.西鉄バス 博多埠頭→博多駅(時刻不明)

これで乗りっぱなしの1日が終了と思いきや
夕食の後、実は21時過ぎからもう一乗り。
福北ゆたか線を走る、つばめ型の787系
特急「かいおう」に乗りたかったのです。

11.かいおう2号 博多21:25→直方22:15
12.JR福北ゆたか線 直方22:17→折尾22:37
13.ソニック58号 折尾22:43→博多23:15

周遊きっぷゾーン券があったからこそ
特急自由席に乗れて出来る芸当。
これでこの日の鉄旅を締めました。

翌日3日目は、まだ未乗車区間であった
筑豊本線の原田~桂川間と後藤寺線を
乗車してから門司港駅に寄る鉄旅です。
こちらを次回にお送りします。

☆周遊きっぷの旅 バックナンバーはこちら。
周遊きっぷの旅 リンク集

2006年9月 福岡ゾーンの旅 1日目後篇(小倉~太宰府~博多)

2006年9月3日(日)

前回の続きです。
周遊きっぷ「福岡ゾーン」を使った福岡近郊の
鉄旅1日目、午前中に大分県の中津へ寄り、
小倉へ戻ってきました。

こちらが小倉駅の小倉城口の駅舎です。
大きくそびえる駅ビルの中に
北九州モノレールの線路が突っ込むという
他にあまり例を見ない構造です。
20060903_11_小倉駅 駅舎

北九州モノレールは、もともと手前の平和通駅が
先代の小倉駅で、後になってJR小倉駅まで
線路を伸ばしたようです。

モノレールとか新交通システムとかの乗換駅は
JRや民鉄の駅と離れていることが多いので
こういうのは見倣ってもらいたいものです。

ここから歩いて小倉城まで行ってきました。
中津城に続き、この日2度目の城郭です。
20060903_12_小倉城

お城巡りをするときにはいつも「城のしおり」に
スタンプを押しているのですが、
残念ながら小倉城のスタンプが故障しており
叶いませんでした。

もう1つの楽しみである天守閣最上階からの
眺めをしばし楽しみました。

手前には小笠原会館と小倉城庭園、
奥には川の向こうにショッピングセンターが
見えています。
20060903_13_小倉城天守からの眺め

この後、ここで見えた小倉城庭園と
近隣の松本清張記念館にも寄りました。
城・庭園・記念館の3館で700円という
共通券が発売されています。

約2時間の観光のあとは、小倉から
鹿児島本線の特急有明で二日市まで移動。
787系特急有明と白いソニックの並びです。
20060903_14_787系特急有明

2.有明13号 小倉14:54→二日市16:01

博多を越えて1時間ほどで二日市に到着。
駅舎は太宰府天満宮がモチーフです。
門司駅に続き、ここにもam/pmが。
20060903_15_二日市駅 駅舎

二日市駅からは100円バスで近くの
西鉄二日市駅まで移動し、そこから
西鉄太宰府線に乗車しました。

JRではないのでゾーン券からは外れ、
150円の切符を買いました。
行先はもちろん、太宰府天満宮です。

3.西鉄太宰府線 西鉄二日市→太宰府(時刻不明)

太宰府駅もやはり、
天満宮を模した駅舎になっています。
20060903_16_太宰府駅 駅舎

太宰府駅からは、まっすぐ徒歩5分ほどで
太宰府天満宮に到着します。

御本殿の手前にある楼門です。
当時はよく見ませんでしたが、
手前側と反対側で形状が違うのだそうです。
20060903_18_太宰府天満宮2

そしてこちらが御本殿。
ここに学問の神様と呼ばれている
菅原道真公が祀られているのですね。
20060903_17_太宰府天満宮1

お詣りした後は、この旅で2泊お世話になる
博多のホテルへ向かいます。

太宰府駅前から100円バスに乗って、
JR鹿児島本線の都府楼南駅に出ました。
二日市駅の隣りですが、平成になってから
できた新しい駅のようですね。
20060903_19_都府楼南駅 駅舎

博多に行く前に、途中の南福岡で下車して
駅近くのスーパー銭湯に寄っていきました。

4.JR鹿児島本線 都府楼南17:35→南福岡17:47
5.JR鹿児島本線 南福岡19:15→博多19:26

博多駅近くのホテルにチェックインして、
福岡ゾーンの旅1日目が終わりました。

翌日朝に撮った博多駅の当時の駅舎です。
こちらは1963年から2010年まで使用された
1世代前の駅舎になります。
20060903_20_博多駅 駅舎

翌日はこの博多駅を起点に、ゾーン券を使って
JR九州の路線を乗り回すことになります。
次回はその内容をお送りします。

☆2015年11月に二日市へ再訪しました。
11/23 全国鉄道むすめ巡り2015 その8-1(福岡篇)

☆周遊きっぷの旅 バックナンバーはこちら。
周遊きっぷの旅 リンク集

2006年9月 福岡ゾーンの旅 1日目前篇(門司~中津~小倉)

2013年に全廃されたJRの周遊きっぷを使った
旅行記の第6弾は、2006年9月の
「福岡ゾーン」の旅を紹介します。

時系列だと実はこの3ヶ月前に
「四国ゾーン」の旅をしているのですが、
2016年の四国の旅を取り上げたばかりのため
先に2006~08年の九州乗り尽くし3連発
ということで、紹介させていただきます。

2006年9月3日(日)

前日の9月2日に横浜駅を夕刻に出発する
寝台特急富士に乗って、九州に向かいました。

・寝台特急富士 横浜18:28→中津10:02

前年の2005年から富士・はやぶさが併結運転。
九州に入ってすぐの門司駅で、
切り離し作業のため長時間停車となりました。
20060903_02_寝台特急富士@門司

停車時間を使って駅の外に出て、
朝食を調達。門司駅の駅舎撮影もしました。
今は無きam/pmが写っていますね。
20060903_01_門司駅

ここでこの福岡ゾーンの旅の概要を
紹介しておきます。
・1日目は、最初に中津に寄ったあと、
 小倉と太宰府に立ち寄り、博多で宿泊。
・2日目は、久大本線・日田彦山線・筑豊本線・
 篠栗線・香椎線の乗り鉄をして博多で宿泊。
・3日目は、筑豊本線・後藤寺線に乗車して、
 門司港に立ち寄り、小倉から新幹線で帰京。

前年放送された鉄道乗り尽くし番組の影響か、
この頃からは観光よりも乗り鉄色が強くなった
気がしています。

福岡ゾーンは福岡県のJR在来線のほとんどに
一部隣県の都市が範囲となっていました。
20060903_03_周遊きっぷ福岡ゾーン券

福岡ゾーンの旅ですが、最初の目的地は
範囲ぎりぎりの大分県中津です。

中津へは2015年1月に2度目の訪問をして
いますが、この時が初回訪問になります。

当時は大分行だった寝台特急富士ですが、
中津駅での下車となりました。
20060903_04_中津駅

中津ではまず、中津城を訪問。
九州のお城巡りも行います。
20060903_05_中津城1

中津城の天守閣に登り、恒例としている
最上階からの風景を眺めました。
河口の先に海が見えます。
20060903_06_中津城からの眺め

もう来ないと思っていた中津城ですが
この9年後に再訪することになります。
黒田官兵衛のことは、この時はまったく
頭になかったですね。
20060903_07_中津城2

このあとは、近くにある
「福沢諭吉旧居・記念館」を訪問。
この時は、一万円札の人だから見ておこう
ぐらいの感じだったと思います。

こちらはおそらく、
旧居の敷地内で撮影したものですね。
20060903_08_福沢諭吉旧居

福沢諭吉の胸像の写真も撮っていました。
20060903_09_福沢諭吉胸像

2時間ほどで中津観光を終了し、
特急ソニックで小倉まで戻ります。
ゾーン券だけで自由席に乗車できました。

1.ソニック22号 中津12:02→小倉12:32

小倉駅に到着。この「白いソニック」と呼ばれる
885系電車はお気に入り車両の1つです。
20060903_10_885系特急ソニック@小倉

小倉に到着し、この後は小倉城を訪問しますが、
次回に続きます。

☆2015年1月の中津訪問時の記事はこちら。
1/11その1 黒田官兵衛五国巡り 中津篇

☆周遊きっぷの旅 バックナンバーはこちら。
周遊きっぷの旅 リンク集
         
プロフィール

ぼんばー

Author:ぼんばー
いつか日本の鉄道を乗りつくすことを夢見て、ひたすら日本を旅しています。鉄道に関するパワーサイトを構築することが目標です。

FC2乗り鉄の会

鉄道旅行派の同好会に
参加しています。
(敬称略・五十音順)


hmdの鐵たびブログ
ローカル線の旅
by hmd

写真を中心に「見る紀行文」で、
長期連載しています。


かめかめブログ
by かめ

鉄道、旅、B級グルメ、季節・・・


鉄・街・旅な、つぶやき日記
by あいあんさいど

鉄道、街歩き、旅…などなど。
いろんな思いを、感じたままに。


日本鉄道路線 制覇への挑戦!
by タカ&ヨシ

日本の鉄道、全路線を制覇に
挑戦しています。


本気で全線を走破したい
ぼんばーの日記
by ぼんばー

本気に全線走破をするまでの
過程を徒然と日記で綴ります。

FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

清き一票をお願いいたします!

にほんブログ村

モテる人のメール