6/12 日曜午後に相鉄・小田急・東急でひとまわり

2016年6月12日(日)

またまた、近場の乗り鉄となります。
午後出発で、相鉄鶴ヶ峰駅がスタートです。

乗車するのは快速ですが、
ここから湘南台までは各駅に止まります。
20160612_01_相鉄10000系@鶴ヶ峰

1.相鉄本線・いずみ野線 鶴ヶ峰13:42→湘南台14:02

湘南台で小田急江ノ島線に乗り換えますが
相鉄の改札を出る前にこんなものが。
ここは湘南台ならぬ「そうにゃんだい」?
20160612_02_そうにゃんだい@湘南台

駅ナンバーも湘南台(SO37)とは別に
オリジナルの番号が振られています。
SO28で「そうにゃん」と言いたいのでしょう。

これを見て、私も地元貢献?ということで
そうにゃんのLINEスタンプを購入しました。

では、ここからは小田急です。
上りの快速急行に乗って都心方面へ。
20160612_03_小田急8000形快速急行@湘南台

2.小田急江ノ島線・小田原線 湘南台14:18→新百合ヶ丘14:45
3.小田急小田原線 新百合ヶ丘14:49→向ヶ丘遊園14:54

やってきたのは向ヶ丘遊園駅です。
北口の駅舎は1927年の開業当初から
使用されているものです。
20160612_04_向ヶ丘遊園駅 駅舎

2010年の「第2回 関東の駅お宝ラリー」では
ラリーポイントのお宝に選定されました。
この年のラリーには参加していなかったので、
そのうち、今更ながら2010年のお宝めぐりでも
しようかなと画策しています。

次の移動は、多摩線直通の急行が
よかったのですが、時間が合わなかったため
新百合ヶ丘で1回乗り換えました。

4.小田急小田原線 向ヶ丘遊園15:06→新百合ヶ丘15:12
5.小田急多摩線 新百合ヶ丘15:16→栗平15:20

小田急多摩線の栗平駅で下車。
乗ってきた電車を見送ります。
20160612_05_小田急多摩線1000形@栗平

とあるモバイル駅集めゲームの企画で
栗平駅がポイントになっていたため、
やってきた次第です。
(向ヶ丘遊園駅もそうでした。)

用が済んだところで、上りホームへ。
駅を跨ぐ橋の下にシンプルながらも
立派な駅名オブジェがありました。
20160612_06_栗平駅 駅名標

ところどころ昆虫があしらわれていますが、
近くにこういう場所があるのか、
昔はこんな場所だったということなのか…

以前の多摩線は各駅停車だけの運行で
新百合ヶ丘折り返しばかりでしたが、
多摩急行が設定されてからは
都心への直通電車が増えました。

栗平も急行停車駅となってからは、
駅周辺の人口が急激に増えているようです。

千代田線直通の電車が栗平で見られるとは
昔は思いもしませんでした。
20160612_07_千代田線6000系@栗平

6.小田急多摩線 栗平15:27→新百合ヶ丘15:31

新百合ヶ丘駅にやってきました。
駅の外に出たのはおそらく10数年ぶりだと
思います。結構人が多いなあ。
20160612_08_新百合ヶ丘駅 駅舎

新百合ヶ丘からはバスで
東急田園都市線のあざみ野駅に出ました。
ここも従前のラリーポイントになってまして…

7.東急バス新23系統 新百合ヶ丘駅15:45→あざみ野駅16:16

あざみ野からは田園都市線で長津田へ。
古参の8500系各駅停車に乗ります。
昔から走るこの車両がお気に入りです。
20160612_09_東急田園都市線8500系@あざみ野

8.東急田園都市線 あざみ野16:19→長津田16:31

あとは横浜線で帰路に着きます。
田園都市線のホームを見ると、
先ほど乗ってきた各駅停車が
東武車両の急行に追い抜かれる所でした。
20160612_10_東武50050系@長津田

こちらも今や3社直通で、昔は東武の車両が
ここで見られるとは想像もしていませんでした。

これでこの日の乗り鉄は終了です。
しばらくは、こんな感じで地元周辺の鉄道に
目を向ける旅が続くかもしれません。

大森ふるさとの浜辺公園に行ってきました

2016年6月3日(金)

会社の休暇が取れたこの日、
先月から通勤経路になった京急沿線で
気になった場所があるので行ってみました。

降りた駅は京急本線の「大森町」です。
2012年に立体化事業により高架になりました。
20160603_01_大森町駅

駅を降りて海側に向かう一本道を歩きます。
両側はずっと住宅街でしたが、
グラウンドを回り込むとその場所に到着。

やってきたのはこちらの
「大森ふるさとの浜辺公園」です。
20160603_02_大森ふるさとの浜辺公園1

2007年にできた人工の海浜公園で、住所も
東京都大田区ふるさとの浜辺公園
なのだそうです。

はじめは、大森に浜辺なんてあるの?
と思って気になっていたのですが、
公園を入ると本当に浜辺がありました。
でも周りには高い建物が並んでいます。
20160603_03_大森ふるさとの浜辺公園2

せっかくなので、浜辺を端から端まで
歩いてみることにしました。
こちらは南端。人工とはいえ、
緩やかなカーブを描くきれいな砂浜です。
20160603_04_大森ふるさとの浜辺公園3

海外線まで出てみると、水はきれいでした。
でも水質は良くなく、遊泳禁止とのこと。
20160603_05_大森ふるさとの浜辺公園4

ちょっと進むと海苔の養殖実験をしているとの
案内をしている看板がありました。

昭和30年代まで、大森は海苔づくりが
盛んだったのですが、沿岸部の埋め立てにより
1962年にその歴史を閉じたとのことです。
20160603_06_大森ふるさとの浜辺公園5

そして北端側にやってきて撮影。
伊豆の弓ヶ浜のようにも見えました。
20160603_07_大森ふるさとの浜辺公園6

この後は近隣の
「大森海苔のふるさと館」を見学。
昔ながらの海苔作りの道具や船の展示が
興味深かったです。

隣りの平和島駅まで歩いてきました。
あとは帰りながら京急電車の撮影。
こちらは新1000系の普通電車です。
20160603_08_京急新1000系@平和島

時間に余裕があったので、
京急大師線にも乗ってきました。
大師線の1500系、終点の小島新田駅にて。
20160603_09_京急1500系@小島新田

終点の1つ手前、産業道路駅付近では、
立体交差(地下化)事業が真っ盛りです。
交通量の多い道路との平面交差解消のため
完成が待たれています。

そして、京急川崎まで戻って、
2000系電車のエアポート急行新逗子行きで
帰路に着きました。
20160603_10_京急2000系@京急川崎

最近は遠征の記事ばかりでしたが、
たまには近場(それも通勤経路内)の散策で
カメラを向けるのもありかなと思いました。

また気が向いたら、近場散策へ行ってみます。

2004年8月 鹿児島ゾーンの旅① 3日目(鹿児島市内~宮崎)

2004年8月23日(月)

周遊きっぷ「鹿児島ゾーン」を利用した鉄旅
3日目は午前中は鹿児島市内観光でした。

今は無いようですが、この時は
いくつかの観光施設のチケットがセットになった
「鹿児島周遊チケット」1,840円を買いました。

維新ふるさと館、鹿児島メルヘン館を見学し
次の場所へ歩いて移動していると、
西郷隆盛の銅像を見つけました。
20040823_01_西郷隆盛銅像

この後はかごしま水族館へ行きました。
コンサート2日後で月曜日ですが、
やはり桜島のオールナイトコンサートに
来ていた人がたくさん訪れていました。
(グッズのバッグで分かりました。)

水族館を出ると鹿児島港はすぐ隣り。
この旅で雄大な桜島を見る最後の機会でした。
20040823_02_錦江湾と桜島

この後はバスに乗って鹿児島中央駅に
戻ってきました。
観覧車のそびえるビル「アミュプラザ」は
この時はまだ開業前で、1ヶ月後の9月に開業。

いつか長渕剛の「鹿児島中央STATION」の
唄にある通り、スタバのコーヒー飲みながら
観覧車に乗ってみたいと思っています。
20040823_03_鹿児島中央駅と大観覧車

午後は鹿児島中央駅を後にして、
日豊本線経由で帰路に着きます。
まずは特急きりしまで宮崎まで。

1.きりしま16号 鹿児島中央14:11→宮崎16:15

ここまで乗ってきた485系電車の
特急きりしま「レッドエクスプレス」です。
20040823_04_485系特急きりしま@宮崎

高架になっている宮崎駅の駅舎です。
こちらも椰子の木があって南国風です。
20040823_05_宮崎駅 駅舎

本当は宮崎神宮あたりに行きたい気分
でしたが、そこまで時間はありませんでした。
駅周辺で少し早めの夕食をとったあと、
駅のホームに戻りました。

乗車するのは当時、南宮崎発着だった
ブルートレインの寝台特急「彗星」です。

客車は4両編成くらいで、やけに短く
夜行列車の衰退を改めて感じました。
20040823_06_寝台特急彗星@宮崎

2.寝台特急彗星 宮崎17:30→姫路6:13

上記は時刻表上の到着時刻で、
実際は途中で大雨に見舞われたようで、
手前の相生駅で1時間近く臨時停車。

新幹線に振替乗車できると車掌から
言われましたが、そのまま姫路まで乗車。
姫路駅到着は7時頃だったと思います。

これで周遊きっぷ「鹿児島ゾーン」の旅が
終了し、そのまま翌日の8月24日は
近畿の駅百選ラリーのラスト2駅を巡る
青春18きっぷの旅に続きます。
2004年近畿の駅百選ラリー その6(北近畿篇)

鹿児島はこの後も2度訪れており、
またの機会に紹介する予定です。

これで2004年の鹿児島旅行記は終了です。
ご覧いただき、ありがとうございました。

☆周遊きっぷの旅バックナンバーはこちら。
周遊きっぷの旅 リンク集

2004年8月 鹿児島ゾーンの旅① 2日目(桜島~吉松~鹿児島中央)

2004年8月22日(日)

周遊きっぷ「鹿児島ゾーン」を使用した鉄旅
2日目のスタート地点は桜島。
前夜からの長渕剛桜島オールナイトコンサート
終演からが「旅の開始」になります。

時刻は朝7時前。
コンサート終了直後の会場内です。
20040822_01_桜島コンサート終了後1

反対側を振り返ると、
この瞬間も桜島が噴煙を上げていました。
20040822_02_桜島コンサート終了後2

当然寝ておらず、疲れはありましたが、
桜島フェリー乗り場に向けて歩きました。
帰りのフェリーを待つのも長蛇の列で、
乗船できたのは10時近くだったと思います。

そして鹿児島港に到着後は、
JRの鹿児島駅に向けて歩き、
乗車予定の列車になんとか間に合いました。

ここからは周遊きっぷのゾーン券区間内で
鹿児島本線・吉都線・肥薩線で囲まれた部分を
くるりと一周します。

1.きりしま8号 鹿児島10:50→都城12:05
2.JR吉都線 都城12:08→吉松13:34

特急きりしまの中は、車窓の桜島を見た後に
少し眠ったと思いますが、吉都線の中では
なぜか一睡もしませんでした。

こうして吉都線を完乗し、終点の吉松に到着。
20040822_03_吉松駅 駅舎

私と同じようにコンサート明けで、
ここまで来ている人も何人か見かけました。

吉松駅は鉄道の要所ということで、
C55形蒸気機関車52号機が保存されています。
同じ形の蒸気機関車で原形を留める
4台のうちの1台なのだそうです。
20040822_04_吉松駅 C55形蒸気機関車52号機

しばらくして、次に乗る列車がやってきました。
この2004年九州新幹線部分開業と同じくして
運転を開始した特急「はやとの風」です。
20040822_05_はやとの風@吉松

程なくして、隣のホームには同型車両の
「いさぶろう・しんぺい」が入線してきました。
はやとの風と並んだ所を撮影しました。
20040822_06_はやとの風&いさぶろう・しんぺい@吉松

そして、はやとの風に乗車して、
一気に鹿児島中央駅まで戻りました。

日豊本線の鹿児島付近、桜島が錦江湾越しに
見える場所で停車し、記念撮影できる
サービスをしてましたが、今思うと
ここで写真撮ってもらっておけば良かった…。

3.はやとの風3号 吉松14:55→鹿児島中央16:34

鹿児島中央駅からは宿泊するホテルへ
直行しました。
その途中だけでも見る場所がさまざま。
まずは大久保利通の銅像です。
20040822_07_大久保利通銅像

さらに歩くと「ザビエル公園」がありました。
キリスト教を伝来させた宣教師の祈念碑、
旧聖堂の一部と銅像が残されています。
20040822_08_ザビエル公園

こうして歩いた後、ホテルに到着。
2日目の旅程が終了しました。

思えばこの日のホテルも、3ヶ月前の予約で
たまたま残っていた1か所でした。
いかにこの時、鹿児島に人が集結したかを
物語っています。

この日は入浴後、夜21時には寝てしまい
次の日起きたのが朝7時。
本当に気持ちよく眠れたと思います。

次回は最終日3日目、鹿児島市内観光から
宮崎方面へ向けた旅程を紹介します。

☆周遊きっぷの旅 バックナンバーはこちら
周遊きっぷの旅 リンク集

2004年8月 鹿児島ゾーンの旅① 1日目後篇(枕崎~山川~桜島)

2004年8月21日(土)

前回の続きです。
周遊きっぷ「鹿児島ゾーン」のゾーン券で
指宿枕崎線の指宿までやって来ました。

さらに先を進み、日本最南端の終着駅
枕崎へ向かいます。

4.JR指宿枕崎線 指宿11:37→枕崎12:46

これで指宿枕崎線を乗り尽くしました。
終点、枕崎駅のホームで列車を撮影。
20040821_09_指宿枕崎線@枕崎

当時の枕崎駅の駅舎です。
ここを訪れた2年後にこの駅舎は解体され
ホームも移設されて、今は新しい駅舎が
建っているようです。
20040821_10_枕崎駅 駅舎

記念撮影や散策を終えたら、
20分後の折り返し列車で枕崎を後にします。

車窓には開聞岳が映ります。
この時は珍しく窓を開けて撮影しました。
20040821_11_開聞岳

5.JR指宿枕崎線 枕崎13:07→山川14:09

指宿の1つ手前、山川駅で下車しました。
ここはつい最近まで、
日本最南端の有人駅だったそうです。
20040821_12_山川駅

駅から近くの温泉旅館の食堂で
鰹のたたきの定食をいただきました。
あまりにも美味しくて感動して、
ご飯をおかわりしました。

その後、指宿枕崎線を乗り継ぎ、
鹿児島中央まで戻ります。

6.JR指宿枕崎線 山川14:52→指宿14:58
7.快速なのはなDX108号 指宿16:05→鹿児島中央17:08

鹿児島中央に近づくに連れて
列車の中が賑わってきました。
老若男女、皆、桜島に向かうようでした。

そう、この時の鹿児島旅行の
メインイベントは、こちらです。
20040821_13_桜島コンサートチケット

家で取っておいた、その日のチケットを
引っ張り出してきました。
2004年8月21日、桜島特設会場で行われた
長渕剛のオールナイトコンサート、
これに参加するために、鹿児島へ来たのです。

駅のロッカーは予想通りどこも埋まっていて、
朝のうちに荷物を詰めて正解でした。
ここでもう一度荷物の整理と詰め直し。

鹿児島中央から市電で移動しましたが
その中も桜島へ向かう人でいっぱい。

そして海の向こうに桜島が見えました。
が、フェリーに乗る人がはるか彼方まで
列を作って並んでいました。
20040821_14_鹿児島港から桜島1

そりゃ、当時の人口6,000人の島に、
75,000人が押し寄せるとなれば…。

列が進んで、海沿いに桜島を見られる所まで
やってきました。
桜島はこの日も噴煙を上げています。
20040821_15_鹿児島港から桜島2

約1時間並び続けて、フェリーに乗ることが
できました。フェリーでは客室から外に出て、
桜島を眺めながら行きました。
20040821_16_桜島フェリーから桜島

桜島に着いたのが18:30頃だったと思いますが
あまりにも人が集まり過ぎたのか、
会場へ続く道の前で入場規制。

ここでも1時間ほど足止めされて、
その後20分ほど道を歩き、
会場に着いたのは21時前だったと思います。

そしてこの後は、75,000人の中の一人として
歴史的な一夜を過ごすのでした。

そしてコンサート終了後の翌日も、
朝から鉄旅してたんです。
次回はその模様をお送りします。

☆周遊きっぷの旅 バックナンバーはこちら
周遊きっぷの旅 リンク集
         
プロフィール

ぼんばー

Author:ぼんばー
いつか日本の鉄道を乗りつくすことを夢見て、ひたすら日本を旅しています。鉄道に関するパワーサイトを構築することが目標です。

FC2乗り鉄の会

鉄道旅行派の同好会に
参加しています。
(敬称略・五十音順)


hmdの鐵たびブログ
ローカル線の旅
by hmd

写真を中心に「見る紀行文」で、
長期連載しています。


かめかめブログ
by かめ

鉄道、旅、B級グルメ、季節・・・


旅のカケラ
by PoW

鉄道の旅日誌と撮影記録


鉄・街・旅な、つぶやき日記
by あいあんさいど

鉄道、街歩き、旅…などなど。
いろんな思いを、感じたままに。


日本鉄道路線 制覇への挑戦!
by タカ&ヨシ

日本の鉄道、全路線を制覇に
挑戦しています。


本気で全線を走破したい
ぼんばーの日記
by ぼんばー

本気に全線走破をするまでの
過程を徒然と日記で綴ります。

FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

清き一票をお願いいたします!

にほんブログ村

モテる人のメール