12/23 青春18きっぷでJRだけ乗車旅2012~13 その1(久留里線)

2012年12月23日(日)

今シーズンも青春18きっぷを買いました。
本来は「民鉄モバイルスタンプラリー」の遠出のために用意したのですが、携帯電話をスマートホンにしてしまったがために今までの履歴が引き継がれず…ということに。
そこで、これ以上のモバイルスタンプを諦め、「純粋にJRだけ乗って日帰り旅行する」ことにしました。

第1弾は、久留里線に乗ってみます。
久留里線は過去に1度、10年ほど前に乗ったきりです。
今年、キハ30形、37形、38形といった古株車両たちが、新生のキハE130形気動車に置き換えられたというトピックスもあり、今回久しぶりに乗ってみたくなりました。

まずは横浜から横須賀線、総武快速線、内房線の直通列車で始発駅の木更津へ。

1.横須賀・総武・内房線 横浜10:24→木更津12:17

木更津駅で一度駅の外に出て、昼食を済ませました。
始発駅の駅舎を撮影しておきました。
木更津駅(2012)

そしていよいよ出発。こちらが今回乗車したキハE130形気動車です。
久留里線@木更津駅(2012)

2.久留里線 木更津12:54→横田13:11→久留里13:42→上総亀山14:05

4つ目の停車駅、横田で1回目の上下線の列車交換。
その間に横田駅の駅舎撮影。
横田駅(2012)

上り線(木更津行き)の列車もやってきたので、上下線の並びショット。
左が木更津行き、右が乗車中の上総亀山行きです。
久留里線@横田駅(2012)

13:18に横田駅を発車。さらに6駅先の久留里駅で2度目の列車交換です。
といっても、ここで交換する列車は久留里始発だったようです。
久留里駅は上下ホームが斜めに位置しているため、横田駅のように上下並びの写真は撮れませんでした。
久留里線@久留里駅(2012)

時間があるうちに、久留里駅の駅舎も撮影しておきました。
久留里駅(2012)

久留里駅発車は13:46(4分停車)でした。
ここから先は、昼間は2時間に1本の区間になります。
今までトンネルがなかったのですが、終点上総亀山の手前に2つありました。

こうして終点、上総亀山に到着。
久留里線@上総亀山駅(2012)

こちらが上総亀山駅の駅舎です。
上総亀山駅1(2012)

ちょっと先の、久留里線本当の終点(車止め)まで行ってみました。
上総亀山駅2(2012)

本来の計画ではこの線路が上総中野まで延びて、現在のいすみ鉄道と繋がる「木原線」となる予定でした。
戦時中に計画が中止となり、この先に伸びることはなくなったとのこと。

本当は近くにある亀山湖まで行ってみたかったですが、時間がないので戻ります。
今度は終点から、起点を目指します。
上総亀山駅3(2012)

3.久留里線 上総亀山14:19→木更津15:26

木更津からはバスに乗ってアクアライン通って帰ろうか、とも思いましたが、ちょうど次に来るのが横浜まで直通する電車だったので、やっぱりJRで。

4.内房・総武・横須賀線 木更津15:47→横浜17:45

結局、横浜~木更津~上総亀山の往復という旅になりました。
12/23で青春18きっぷ1回目。1/10までに果たしてあと4回使えるか?

次回も同じようにローカル線に乗りに行きます。

12/16 神戸巡り2日目(福原遷都後篇)

2012年12月16日(日)

一泊二日の神戸旅行、後篇は
 【KOBE de 清盛2012×ekish】平清盛史跡巡り 第三弾「福原遷都」
の残り3つのチェックポイントを巡ります。

前日からの引き続きで「スルッとKANSAI 2dayパス」を使用して、今度は梅田から阪急で神戸へ向かいました。

1.大阪市営地下鉄御堂筋線 淀屋橋9:12→梅田9:15
2.阪急神戸線 阪急梅田9:30→高速神戸10:02

高速神戸駅を降りて地上に出て、まずはチェックポイントの「荒田八幡神社」「宝地院」に向かいました。
ちなみに本来の最寄駅は神戸市営地下鉄西神・山手線の大倉山駅です。

そうしてやってきた第1チェックポイント「荒田八幡神社」です。公園と隣接しています。
荒田八幡神社1(2012)

境内には「福原遷都800周年」の記念碑もありました。
荒田八幡神社2(2012)

福原遷都が西暦1180年なので、この碑が立ったのは1980年。
もう30年以上前に立ったものですが、よい状態で残っていると感じました。

荒田八幡神社からすぐ南の場所に、第2チェックポイントの「宝地院」がありました。
同敷地内に保育園が隣接しているため、敷地外からの撮影です。
宝地院(2012)

ここから北西方向へひたすら歩き、次のチェックポイントへ。
近くまで来たものの、後ろを振り返ってみると、目的地の鳥居が見えました。また間違えた…

下ってきた坂道をまた戻り、第3チェックポイント「熊野神社」の鳥居の前まできました。
熊野神社1(2012)

本殿はこちら。紀州の熊野権現を勧請したものとのこと。
熊野神社2(2012)

これでekishラリーのチェックポイント8か所を全てクリア。
鳥居からまっすぐ緩やかな坂道を下って行くと、神鉄湊川駅、神戸市営地下鉄湊川公園駅にたどり着きます。
そこからもうちょっと先へ歩くと、神戸高速鉄道の新開地駅です。

この後は友人と心斎橋で待ち合わせのため、大阪へ戻ります。
せっかくなので阪神なんば線に乗ってみました。

3.神戸高速鉄道 新開地11:27→阪神三宮11:34
4.阪神本線・なんば線 阪神三宮11:38→大阪難波12:19
5.大阪市営地下鉄御堂筋線 なんば12:45→心斎橋12:47

心斎橋で友人と食事、買い物などした後は、帰りは京都から新幹線に乗ります。
スルッとKANSAIを持っているので、京阪・近鉄で京都に出ました。

6.大阪市営地下鉄御堂筋線 心斎橋15:46→淀屋橋15:50
7.京阪本線 淀屋橋16:20→丹波橋17:02
8.近鉄京都線 近鉄丹波橋17:09→京都17:18

帰りの新幹線は事前に指定席予約をしていなかったので、3列席真ん中になってしまいました。
でも3列席真ん中って、シートが広いんですよ。

9.のぞみ42号 京都17:53→新横浜19:54

さて、この日関西私鉄でスルッとKANSAIを使用した区間の通常料金を計算すると2140円。
前日の3100円と合わせると5240円ですか。元が3800円なので、結局1440円お得となりました。
2日連続乗り回すなら、結構使えますね。

今回は寺社の写真ばかりになってしまいました。
平清盛ゆかりの地巡りは、最後に2013年1月3連休で下関と宮島へ行く予定です。

12/15 神戸巡り1日目(福原遷都前篇~ルミナリエ)

2012年12月15日(土)

3か月ぶりの一泊二日旅行は神戸です。
モバイル鉄道スタンプラリー"ekish"の企画
 【KOBE de 清盛2012×ekish】平清盛史跡巡り 第三弾「福原遷都」
のチェックポイントを巡ります。
また、12月の神戸といえば、ルミナリエですね。夜になるのを待って見に行きます。

まずは新横浜から新幹線で大阪へ。

1.のぞみ209号 新横浜8:39→新大阪10:53
2.東海道本線 新大阪11:00→大阪11:04

宿を大阪に確保しているので、阪神梅田に近い四つ橋線西梅田駅のロッカーに荷物を預けて身軽になります。

ここで、この2日間で使用する切符のご紹介です。
「スルッとKANSAI 2dayパス」
関西地区のスルッとKANSAIが使用できる民鉄各社が2日間乗り放題で3800円。
1日あたり1900円分乗車すればお得ですが、果たしてそんなに乗るのか?

まずは阪神電車で神戸へ入り、神戸市営地下鉄西神・山手線の妙法寺へ行きます。

3.阪神・山陽直通特急 阪神梅田11:20→板宿12:08
4.地下鉄西神・山手線 板宿12:19→妙法寺12:22

西神・山手線は地下鉄ですが、妙法寺から西の西神中央までは全て地上駅になります。
こちらが妙法寺駅です。
妙法寺駅(2012)

住宅地の狭い路地を歩くこと15分、第1チェックポイントの「妙法寺」です。
平清盛は福原遷都の際、平安京の鞍馬になぞらえて、ここを新鞍馬と呼んだとのこと。
この辺りの地名、そして駅名にもなっています。
妙法寺(2012)

駅に戻って昼食を済ませ、次の目的地は新神戸です。

5.地下鉄西神・山手線 妙法寺13:29→新神戸13:47

新神戸駅からすぐ、古い洋館・異人館が多く建つ北野地区へ。坂が多いし、人が多い!
坂を登ってやってきたのが、第2チェックポイント「北野天満神社」です。
北野天満神社(2012)

上の写真の階段を登りきった所からの眺望です。
すぐそこには風見鶏の館、遠くには神戸港が望めます。
北野天満神社からの展望(2012)

坂を下って道を戻り、新神戸駅に戻り、新幹線の駅舎を撮影。
すぐ裏にそびえる山の紅葉がきれいです。
新神戸駅(2012)

ここからは北神急行電鉄に乗って、この山の向こう側へ行きます。
次に向かうは神鉄六甲駅近くの多聞寺です。

6.北神急行電鉄 新神戸14:41→谷上14:49
7.神鉄有馬線 谷上14:51→神鉄六甲14:58

神鉄六甲駅の駅舎。なかなかおしゃれです。
神鉄六甲駅(2012)

駅前の道路を渡るとすぐ、第3チェックポイントの「多門寺」です。
階段を登る途中には羅漢さんもあって、癒されました。
多聞寺(2012)

次は神鉄で神戸の中心地、新開地へ向かいます。
山岳路線の神鉄は新開地に向かうまで、ひたすら坂を下り続けます。

8.神鉄有馬線 神鉄六甲15:17→新開地15:51

ここから兵庫の海岸方面へ歩きながら、2つのチェックポイントを訪れました。

第4チェックポイント「厳島神社」。広い道路からは外れた所に位置しています。
平家一門が深く信仰している安芸国の厳島神社を兵庫に勧請したものとのこと。
神戸厳島神社(2012)

さらに先へ進むと、以前訪れた金光寺、真光寺などの前を通りました。
清盛塚の清盛銅像、平家物語が欄干に描かれた清盛橋を抜けると、第5チェックポイント「薬仙寺」です。
後白河法皇が幽閉された「萱の御所跡」がある場所です。
薬仙寺(2012)

さらに歩を進めると、JR山陽本線の支線・和田岬線の和田岬駅にたどり着きました。
和田岬駅(2012)

かつては歴史ある駅舎がこの場所に建っていたのですが、2009年に解体されたそうです。
写真左に見えるのがコンビニですが、その壁には和田岬駅と和田岬駅の歴史が書かれたパネルがありました。

あたりが暗くなってきたところで、そろそろルミナリエ点灯。
和田岬に乗り入れているもう1つの路線、地下鉄海岸線で元町へ向かいます。

9.地下鉄海岸線 和田岬16:56→みなと元町17:01

地下鉄の駅を出ると、雨が降ってきました。
しかも最初に進む方向を間違え、雨の中を神戸駅近くまで歩いてしまいました。
途中で軌道修正し、元町商店街のアーケードをずっと進んで、JR元町駅近くまでやって来ると、やっとルミナリエに向かう人の列が見えてきました。

ルミナリエの交通規制には毎回たくさん歩かされますが、今回は雨の中なのでさらに辛い。
でも人の波に乗っていくと、やってきました!
ルミナリエ入口(2012)

傘が写ってしまうのが残念ですが、それでも綺麗でした。
この光のアーケードをくぐり抜け、東遊園地にたどり着くと、雨の中たくさんの人が見物にいました。
しかも公園の中は足元がドロドロで最悪でした…。

そんな中、東遊園地の広場に建つ円形の光の輪の中に入って撮影。
ルミナリエ東遊園地(2012)

今回は3年ぶりのルミナリエ。
いつもなら遅い時間にやってきて、消灯を見守って帰るのですが、今回は早く来ているため19時前に帰ります。
帰路はまた阪神電車です。

10.阪神本線 阪神三宮18:59→阪神梅田19:30
11.地下鉄四つ橋線 西梅田19:37→肥後橋19:38

この日はここまで。
さて、梅田出発から「スルッとKANSAI 2dayパス」を使い続けてきましたが、果たしてお得だったのか?
調べてみると、この日は3100円分も乗車していたみたいです。
次の日に700円分乗れば、もとが取れてしまいますね。

「KOBE de 清盛」としてはあと3か所行く場所がありますが、これは翌日訪れることに。
本当は1日で廻ってしまいたいのですが、関東在住なので仕方ないです。

2006年関東の駅フォトラリー その6(足尾篇)

2006年8月19日(土)

2006年の「第1回関東の駅フォトラリー」の参加記録、6日目は栃木県にあるわたらせ渓谷鐵道「通洞駅」が目的地でした。
ただ、それだけでは飽き足らず、わたらせ渓谷鐵道の完乗、東武小泉線の完乗を合わせて果たしてきました。

青春18きっぷを使用して、朝早く出発しました。

1.JR湘南新宿ライン・高崎線 横浜6:57→籠原8:45
2.JR高崎線 籠原8:53→高崎9:25
3.JR両毛線 高崎9:28→桐生10:13

桐生からは、わたらせ渓谷鐵道でまずは終点の間藤駅に向かいました。
前年の関東の駅百選ラリーでは途中の水沼駅で折り返したので、その先に行くのはこの時が初めてでした。

4.わたらせ渓谷鐵道 桐生10:36→間藤12:16

こちらが間藤駅です。左側に道路、右側がホームと線路、そのすぐ横には崖がそびえます。
間藤駅1(2006)

この日、わたらせ渓谷鐵道完乗を果たさせてくれた車両です。
再びこれに乗って、2駅手前の通洞駅へ向かいました。
間藤駅2(2006)

5.わたらせ渓谷鐵道 間藤12:45→通洞12:53

目的地のフォトラリーポイント「通洞」です。
「四季折々の美しさをはじめ、自然景観が魅力」
通洞駅(2006)

この通洞駅の近くには、かつての足尾銅山の歴史を後世に伝える「足尾銅山観光」という施設があります。
今回はこちらへ行ってみました。
足尾銅山観光1(2006)

こちらが通洞坑口です。トロッコ電車に乗って入っていくことができます。
足尾銅山観光2(2006)

約1時間ほど、足尾銅山観光を見学していきました。
通洞駅に戻り、帰りは名物のトロッコ列車に乗りました。

6.トロッコわたらせ渓谷号 通洞14:35→大間々16:02

トロッコ列車の中から線路沿いを流れる渡良瀬川を1枚だけ撮影していました。
渡良瀬川(2006)

当時持っていたデジカメのメモリーカードが16MBとか32MBだったので、大切に使ってました…
終点の大間々駅に到着し、ここでトロッコわたらせ渓谷号を撮影。
といってもトロッコ車両が写ってなかった…
トロッコわたらせ渓谷号(2006)

この後、当時未乗車だった東武小泉線に乗りに行きました。

7.わたらせ渓谷鐵道 大間々16:13→相老16:22
8.東武桐生線・小泉線 相老16:28→東小泉16:59
9.東武小泉線 東小泉17:12→西小泉17:16

終着駅の西小泉駅を撮影しました。夕方で思いっきり逆光ですが…
西小泉駅1(2006)

東小泉から乗ってきた電車で再び折り返し、館林まで乗って小泉線完乗です。
西小泉駅2(2006)

10.東武小泉線 西小泉17:27→館林17:45
11.東武伊勢崎線 館林17:51→久喜18:19
12.JR宇都宮線・湘南新宿ライン 久喜18:27→横浜19:52

なお、わたらせ渓谷鐵道の旅は今年(2012年)にも実施しています。こちらも合わせてご覧いただけると幸いです。
 →8/11 関東の鉄道お宝ラリー その5(わたらせ渓谷篇)

次回は7日目、山梨篇を紹介します。

2006年関東の駅フォトラリー その5(常陸篇)

2006年8月13日(日)

2006年の「第1回関東の駅フォトラリー」の参加記録、5日目は常陸方面の以下2駅を廻りました。
・茂木(真岡鉄道)
・常陸小川(鹿島鉄道)

栃木県、茨城県ということで横浜から遠くなってきたため、青春18きっぷを使用します。

1.JR湘南新宿ライン・宇都宮線 横浜7:35→小山9:26
2.JR水戸線 小山9:34→下館9:56

真岡鉄道では人気の「SLもおか」に乗りました。
下館駅で乗車前にSLの写真は撮っていなかったみたいです。

3.SLもおか 下館10:37→茂木12:02

第1チェックポイント「茂木」です。
「ぬくもりと懐かしさを感じさせる…」立派な駅舎です。
茂木駅(2006)

駅舎の2階から、SLの蒸気機関車の転回が見物できました。
真岡鉄道SL(2006)

復路は普通の列車で帰ります。前年も乗ったカラフルな「モオカ14型」気動車です。
真岡鉄道気動車(2006)

4.真岡鉄道 茂木12:41→下館13:47
5.JR水戸線 下館13:59→友部14:38
6.JR常磐線 友部14:46→石岡15:03

この日もう1つの目的地へ行くため、鹿島鉄道に乗車します。今となっては貴重な写真です。
鹿島鉄道気動車(2006)

鹿島鉄道は2007年3月31日を最後に廃線となったため、この年は最後の夏でした。
終点鉾田には過去2度、関東の駅百選ラリーで行っていましたが、この時は途中駅までの乗車です。

7.鹿島鉄道 石岡15:29→常陸小川15:44

第2チェックポイント「常陸小川」です。
「花と緑にあふれる豊かな自然の息吹を満喫」付近には花と鉄道をカメラに収められる場所があったようです。
常陸小川駅(2006)

入口横の「かしてつ応援団」のポスターが何とも哀愁を感じます。

常陸小川駅の構内にはDD901という機関車が保存されていました。
近くにある航空自衛隊百里基地への航空燃料貨物輸送を担っていましたが、貨物営業が廃止となって活躍の場を失いました。
鹿島鉄道機関車(2006)

この日が、鹿島鉄道に乗車した最後の日となりました。
無論、常陸小川駅を訪れたのもこの日が最後です。

8.鹿島鉄道 常陸小川16:08→石岡16:25
9.JR常磐線 石岡16:36→上野18:17
10.JR京浜東北線 上野18:24→横浜19:09

この時点で残りのラリーポイントとなる駅は4駅。後は1日1駅ずつ訪れることになります。
次回は栃木県の駅訪問です。
         
プロフィール

ぼんばー

Author:ぼんばー
いつか日本の鉄道を乗りつくすことを夢見て、ひたすら日本を旅しています。鉄道に関するパワーサイトを構築することが目標です。

FC2乗り鉄の会

鉄道旅行派の同好会に
参加しています。
(敬称略・五十音順)


hmdの鐵たびブログ
ローカル線の旅
by hmd

写真を中心に「見る紀行文」で、
長期連載しています。


かめかめブログ
by かめ

鉄道、旅、B級グルメ、季節・・・


鉄・街・旅な、つぶやき日記
by あいあんさいど

鉄道、街歩き、旅…などなど。
いろんな思いを、感じたままに。


日本鉄道路線 制覇への挑戦!
by タカ&ヨシ

日本の鉄道、全路線を制覇に
挑戦しています。


本気で全線を走破したい
ぼんばーの日記
by ぼんばー

本気に全線走破をするまでの
過程を徒然と日記で綴ります。

FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

清き一票をお願いいたします!

にほんブログ村

モテる人のメール