9/15 三連休最終日 陸前高田・気仙沼

2014年9月15日(月)

9月の三連休最終日、午前中は気仙沼にいる友人に
車で陸前高田と気仙沼を案内してもらいました。

まずは気仙沼駅の裏手にある山に登って
市街地を見渡せる場所へ行きました。
20140915_01_気仙沼市街地

奥の方が元の市街地だった所で、
JR気仙沼線の南気仙沼駅などがありました。
津波の被害が甚大だったと想像できます。

友人に、昨日奇跡の一本松を見れなかったと言うと、
では見に行こうかということになりました。

前日BRTで来た道を進み、
「奇跡の一本松」バス停までやってきました。

このあたりは土地のかさ上げを行っており、
写真奥の山を崩した土が絶えず巨大なベルトコンベアで
運ばれる音が響き渡っていました。
20140915_02_奇跡の一本松駅付近

細い道を入ってしばらく歩くと、
奇跡の一本松が見えてきました。
長く復興の象徴であってほしいものです。
20140915_03_奇跡の一本松

手前で記念写真を撮ってから、気仙沼に戻り、
シャークミュージアムを見に行きました。

元々はその名の通りのサメの博物館だけでしたが、
現在は震災後の復興の歩みを紹介するコーナーなどもありました。

お昼前に気仙沼駅に送ってもらい、友人と別れました。
駅には帰りの大船渡線が入線していました。
20140915_04_大船渡線@気仙沼

隣りのホームには気仙沼線のBRTが止まっていました。
今はこのBRTが地域の足となって活躍していますが、
いつの日か鉄道として蘇ることを期待しています。
20140915_05_気仙沼駅のBRT

あとはまっすぐ帰るだけとなりました。

1.大船渡線 気仙沼12:19→一ノ関13:41
2.やまびこ168号 一ノ関13:49→東京16:24
3.東海道本線 東京16:32→横浜16:58

これで今回の三連休乗車券による旅は終了です。
2014年中はこのあと鉄旅はお休み。

次回は年明け1月の九州「黒田官兵衛」完結篇を
お送りいたします。

9/14 鉄道むすめ巡り3rd 釜石篇

2014年9月14日(日)

9月の3連休2日目、前日の長野日帰りに続き
今度は東北への1泊2日旅行となりました。

目的は2つありまして、
1つは鉄道むすめ巡りで取得しようと決めた最後のスタンプ
三陸鉄道釜石駅の「釜石まな」を取得すること、
もう1つは気仙沼に仕事で派遣されている
高校時代の友人に会いにいく事でした。

まずは東北新幹線で新花巻を目指します。

1.東海道本線 横浜7:37→東京8:07
2.やまびこ43号 東京8:48→新花巻11:55

今回乗車したやまびこは、こまちでおなじみのE6系でした。
途中の福島駅で通過待ち中に撮影。
20140914_01_E6系やまびこ@福島

速達列車ではないため、途中2回の通過待ちがありました。
東京から3時間ほどで新花巻に到着。
三連休中日とあって、人は多めでした。
20140914_02_新花巻駅

既にお昼時のため、新花巻で駅弁「賢治弁当」を購入。
釜石線「快速はまゆり」の車内でいただきました。

3.釜石線 快速はまゆり3号 新花巻12:22→釜石13:53

終点の釜石に到着。
停車駅の少ない快速でも1時間半かかりました。
20140914_03_釜石線@釜石

JRの釜石駅。
駅舎は「鉄のまち」をイメージしているそうです。
20140914_04_JR釜石駅

ですが今回のメインはこちらの三陸鉄道釜石駅です。
ここで鉄道むすめ「釜石まな」のスタンプをゲットしました。
20140914_05_三陸鉄道釜石駅

次はこの年の春に震災被害から復活を果たした
三陸鉄道南リアス線に乗り込みます。
クウェートの支援を受けて導入された車両で運行されています。
20140914_06_南リアス線@釜石

4.三陸鉄道南リアス線 釜石14:11→盛15:08

車両は1両で混雑していましたが、何とか座れました。
隣りに座っていたのが地元の方で、震災時の体験を聞きました。

途中の恋し浜駅では3分ほどの停車時間がありました。
日本で「恋」の付く4つの駅の1つで、
「ホタテ貝の絵馬かけ」や「幸せの鐘」など、
恋の叶う駅を演出しています。

駅名票と「幸せの鐘」の並びを撮影。
奥には三陸の海が見えます。
20140914_07_恋し浜駅

終点の盛駅に着いた後は、JRの大船渡線に乗り換えます。
ただし、震災で列車は不通となっていて、BRTというバス輸送になります。
20140914_08_大船渡線BRT@盛

5.大船渡線BRT 盛15:15→陸前高田15:56

陸前高田駅は小高い丘の上に作られている
仮庁舎の市役所近くにありました。

ここから元の駅があった場所の方に向かい、
奇跡の一本松まで歩いてみることにしました。

海に向かって真っ直ぐ伸びている国道を歩いていくと
道路が高架になっていて、この写真の奥に
元の陸前高田駅があったそうです。
20140914_09_陸前高田駅あたり

この辺りで急に激しい雨が降ってきて、
奇跡の一本松に行くのは諦めました。
2つの国道の交差点に位置する「奇跡の一本松駅」から
BRTに乗って気仙沼まで行きました。

6.大船渡線BRT 奇跡の一本松17:01→気仙沼17:29

気仙沼駅に到着すると、雨は上がっていました。
20140914_10_気仙沼駅

ホテルにチェックインした後、気仙沼で働いている友人と合流し
懐かしい話や今の仕事の話などに花を咲かせました。

翌日、その友人がこの日見れなかった奇跡の一本松に
車で連れていってくれる事になりました。
次回はその内容を紹介しようと思います。

9/13 鉄道むすめ巡り3rd 別所温泉篇

2014年9月13日(土)

9月の3連休を使って、残りの鉄道むすめスタンプを
取得する鉄旅をしてきました。

初日の土曜日は長野県の上田電鉄 別所温泉駅への
日帰り旅になります。

三連休ということで、使用したのは「三連休乗車券」です。
前年の東北旅行は2泊3日でしたが、
今回は日帰りと1泊2日の組み合わせでの使用です。

道中で小海線完乗をするため、
まずは横浜線で八王子へ。
八王子からから「あずさ」で小淵沢に出ます。

三連休初日ということで、
何とか切符が取れた臨時のあずさ53号。
ちょっと前は183系の臨時電車がありましたが、
今回はE257系でした。
20140913_01_E257系あずさ@八王子

1.あずさ53号 八王子8:36→小淵沢10:11

小淵沢駅に到着したものの、次に乗る小海線は1時間後の発車。
そこで中央線で2つ先の富士見駅まで行くことに。
やったきた普通電車は211系の電車でした。
20140913_02_211系中央本線@小淵沢

2.中央本線 小淵沢10:35→富士見10:43

富士見駅に到着。
ちなみに富士見駅は、日本で10番目に高い場所にある駅で
小海線以外の駅では1番高い所にあるとの事です。

記念に山小屋風の駅舎を撮影。
20140913_03_富士見駅駅舎

10分もしないうちに、小淵沢に向けて戻ります。

3.中央本線 富士見10:51→小淵沢10:59

小淵沢に戻ると、既に乗車予定の小海線が入線していました。
20140913_04_キハ110系小海線@小淵沢

小海線乗車中にお昼を迎えるので、
小淵沢駅で駅弁「高原野菜とカツの弁当」を購入。
列車の中で車窓を見ながらいただきました。
20140913_05_高原野菜とカツの弁当

4.小海線 小淵沢11:19→小諸13:30

本当は途中の佐久平駅で新幹線に乗り換えると早いのですが、
ekiShスタンプを全部集めたいため、終点の小諸まで乗車しました。

小諸からは、しなの鉄道で上田へ向かいます。
20140913_07_しなの鉄道@小諸

5.しなの鉄道 小諸13:55→上田14:15

上田ですぐ上田電鉄に乗り換えます。
ちょうど2年前の「信州めぐり旅」以来となりました。
20140913_08_上田電鉄@上田

6.上田電鉄 上田14:26→別所温泉14:54

終点の別所温泉駅に到着し、
目的の鉄道むすめ「八木沢まい」のスタンプをゲットしました。

歴史ある駅舎は変わらずでした。
20140913_09_別所温泉駅駅舎

前回旅行時に別所温泉界隈の散策はしているので
今回は来た電車で戻ることにしました。
滞在時間は、9分でした。

7.上田電鉄 別所温泉15:03→上田15:33

途中の下之郷駅では「まるまどりーむ号」とすれ違いました。
20140913_10_上田電鉄@下之郷

上田駅からは新幹線あさまで東京に帰りました。
この時が人生初のE7系です。
20140913_06_E7系あさま@上田

8.あさま534号 上田15:42→東京17:12
9.東海道本線 東京17:24→横浜17:51

3連休初日の鉄旅はこれで終了。
次の日からは1泊2日の東北旅行となります。
次回は東北1日目をお送りします。

9/2 黒田官兵衛五国巡り 長浜篇

2014年9月2日(火)

関西方面2泊3日の鉄旅、最終日は滋賀県長浜市になります。

前々日、前日から引き続き「黒田官兵衛五国巡り」で
3か所目になる長浜市内のスタンプポイントを廻りました。

ラリーポイントは以下の通り。
・JR長浜駅
・黒田家御廟所
・戦国大河きのもと館
・長浜城
・JR木ノ本駅

前日に長浜入りしているので、長浜駅からスタートします。
20140902_01_長浜駅舎

以前「近畿の駅百選」で訪れた際の駅舎はなくなり、
橋上駅舎となっていました。

ちなみに近畿の駅百選での訪問時の写真はこちら。
現在とはだいぶ雰囲気が違います。
 →2002年近畿の駅百選ラリー その4(滋賀篇)

長浜駅から青春18きっぷを使い、
新快速でおなじみの223系に乗って北陸本線の木ノ本駅へ向かいます。
20140902_02_223系@長浜

1.北陸本線 長浜8:20→木ノ本8:36

第2チェックポイントの木ノ本駅です。
こちらも最近建て直した駅舎のようです。
20140902_05_木ノ本駅舎

この駅舎とは反対側に出て、北に向かう長い一本道をひたすら歩き
たどり着いたのが、第3チェックポイント「黒田家御廟所」です。
黒田官兵衛の祖先が祀られているとのこと。
20140902_03_黒田家御廟所

ちょっと一休みしてから、次は線路の反対側へ移って南に歩きます。
木ノ本駅を通り越してしばらく歩いていくと、
第4チェックポイントの「戦国大河きのもと館」です。
20140902_04_戦国大河きのもと館

姫路にも大河ドラマ館がありましが、それと比べると規模小さめ。
平日の朝とあって人はまばらでした。

行くべき場所は廻ったので、これで長浜に戻ります。

2.北陸本線 木ノ本10:14→長浜10:29

次に向かったのは長浜城。
こちらが長浜の黒田官兵衛スタンプポイントとしては最後になります。
20140902_06_長浜城

中は展示品が豊富な歴史博物館になっていますが、
そちらはさっと目を通し、最上階の展望台へ。
琵琶湖が遠くまで見渡せます。
20140902_07_長浜城から琵琶湖

案の定、黒田官兵衛巡りだけでは時間が余ってしまいました。
そこで次に足を運んだのが、旧長浜駅舎・長浜鉄道文化館です。
20140902_08_長浜鉄道記念館

こちらは日本最古の駅舎なのだそうです。
中の展示では、北陸本線の歴史を紹介しているコーナーが興味深かったです。

お昼時になり、駅周辺を散策。
黒壁の町並みが印象的でした。
20140902_09_黒壁の町並み

昼食でいただいたのはこちらの「焼鯖そうめん」です。
お店も歴史を感じる造りになっていて、メディアでもよく取り上げられているようです。
20140902_10_焼鯖そうめん

このあとは青春18きっぷで普通電車を乗り継ぎ、横浜まで帰りました。
この夏2度目の大移動。

3.北陸本線 長浜13:06→米原13:16
4.東海道本線 米原13:30→大垣14:03
5.東海道本線 大垣14:11→豊橋15:37
6.東海道本線 豊橋15:41→浜松16:15
7.東海道本線 浜松16:21→熱海19:05
8.東海道本線 熱海19:10→横浜20:34

これで夏休み2泊3日の旅が終了です。
久しぶりに、青春18きっぷを5回分使い切りました。

黒田官兵衛は残り2か所が九州。
こちらは翌年1月に訪れることになります。

一方「鉄道むすめ」の残り2か所(長野・東北)は
同月の3連休で訪れます。
次回からはこちらの訪問記を紹介させていただきます。

9/1 黒田官兵衛五国巡り 瀬戸内篇

2014年9月1日(月)

関西方面2泊3日の鉄旅、2日目は岡山県瀬戸内市を訪れます。

モバイルスタンプラリー"ekiSh"の企画
「黒田官兵衛五国巡り」で瀬戸内市内のスタンプポイントを巡りました。

ラリーポイントは以下の通り。
・JR長船駅
・牛窓オリーブ園
・瀬戸内市立美術館
・備前長船刀剣博物館
・備前福岡(妙興寺黒田家墓所)

ただし、この日は月曜日で、
美術館と刀剣博物館が休館日であることがわかっていました。
そこでこの2つはパス。
(近くを通るため、モバイルスタンプは取得できる。)
3か所を廻る形になりました。

まずは宿泊地の姫路から、山陽本線と赤穂線で西を目指しました。

1.山陽本線・赤穂線 姫路8:12→播州赤穂8:43

播州赤穂で運転系統が分かれるため、乗り換えが必要です。
右が姫路からの223系、左が播州赤穂からの115系ワンマン電車。
20140901_01_115系と223系@播州赤穂駅

2.赤穂線 播州赤穂9:05→邑久10:04

途中の香登~長船の間に「備前長船刀剣博物館」が見えるため、
走る電車の中から1つ目のモバイルスタンプを取得。
長船駅で2つめのスタンプを取得しました。

長船で反対電車待ち合わせのため停車。
電車の行先は岡山・倉敷の先、伯備線の備中高梁行きでした。
20140901_02_115系備中高梁行き@長船駅

長船駅の1つ先、邑久駅で下車します。
駅舎を撮影。
20140901_03_邑久駅 駅舎

ここから、牛窓行きの両備バスに乗って、オリーブ園を目指します。
20140901_04_両備バス牛窓行き@邑久駅

3. 両備バス牛窓線 邑久駅10:10→オリーブ園入口10:36

バスは途中「瀬戸内市立美術館」の前を通り、
これで3つ目のモバイルスタンプを取得。

「オリーブ園入口」のバス停で降り、20分ほど坂道を登って
「牛窓オリーブ園」に到着しました。
これで4つ目のスタンプを取得。

丘の頂上に位置するオリーブ園からの眺めは素敵でした。
この辺りは「日本のエーゲ海」と呼ばれているそうです。
天気がよくないのが残念でした。
20140901_05_牛窓オリーブ園

オリーブ園を後にし、来た坂道を戻ると雨が降り出しました。
どしゃ降りの中の長い徒歩移動は辛かった…。

ちょうど昼時なので、携帯していた1999年版の旅行ガイドに載っている
レストランを見つけ、そこで昼食をとることに。

海の近くに来たからには、海鮮丼。
20150901_06_昼食海鮮丼@uouo

しばしの休憩のあと、近くのバス停からバスで邑久駅に戻りました。

4.両備バス牛窓線 綾浦12:26→邑久駅12:51

邑久駅に戻ると、雨はすっかり止んで晴れていました。
次は1駅隣りの長船駅に向かいます。

ホームに入ってほどなく、岡山方面に向かう電車がやってきました。
以前は瀬戸大橋を渡るマリンライナーに使用されていた213系です。
行先はこちらも「備中高梁」でした。
20150901_07_213系備中高梁行き@邑久駅

この電車は見送り、このあと反対側からやってきた115系
黄色い電車に乗り込みました。

5.赤穂線 邑久13:19→長船13:23

長船駅到着。
駅舎は隣りの邑久駅とさほど変わりません。
20150901_08_長船駅 駅舎

ここから徒歩で、本日最後のチェックポイント
「備前福岡(妙興寺黒田家墓所)」を訪れました。

黒田官兵衛の曽祖父、黒田高政のお墓があり、
ここが福岡県福岡市の地名の由来になったのだとか。
20150901_09_備前福岡妙福寺

のどかな田園風景を抜けて、駅に戻ってきました。
岡山県瀬戸内市に別れを告げ、まずは姫路に戻ります。

やってきた115系の電車、この日初めてのオリジナル先頭車です。
20150901_10_115系播州赤穂行き@長船駅

6.赤穂線 長船14:23→播州赤穂15:06
7.赤穂線・山陽本線 播州赤穂15:07→姫路15:38

姫路駅でロッカーの荷物を回収し、一気に滋賀県長浜まで移動。
実は新快速で1本の端と端。一度乗ってみたかった。

8.山陽本線・東海道本線・北陸本線 姫路15:56→長浜18:37

帰宅ラッシュの始まる神戸・大阪・京都を抜けて、
3時間近くかけて終着の長浜に到着。暗くなりかけてました。

ちなみにこの日の移動、バス以外は「青春18きっぷ」でした。
長浜のホテルに宿泊し、翌日に備えます。

次回は3日目「黒田官兵衛五国巡りその3 長浜篇」をお送りします。
プロフィール

ぼんばー

Author:ぼんばー
いつか日本の鉄道を乗りつくすことを夢見て、ひたすら日本を旅しています。鉄道に関するパワーサイトを構築することが目標です。

FC2乗り鉄の会

鉄道旅行派の同好会に
参加しています。
(敬称略・五十音順)


hmdの鐵たびブログ
ローカル線の旅
by hmd

写真を中心に「見る紀行文」で、
長期連載しています。


かめかめブログ
by かめ

鉄道、旅、B級グルメ、季節・・・


旅のカケラ
by PoW

鉄道の旅日誌と撮影記録


鉄・街・旅な、つぶやき日記
by あいあんさいど

鉄道、街歩き、旅…などなど。
いろんな思いを、感じたままに。


日本鉄道路線 制覇への挑戦!
by タカ&ヨシ

日本の鉄道、全路線を制覇に
挑戦しています。


本気で全線を走破したい
ぼんばーの日記
by ぼんばー

本気に全線走破をするまでの
過程を徒然と日記で綴ります。

FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

清き一票をお願いいたします!

にほんブログ村

モテる人のメール