2007年9月 長崎・佐賀ゾーンの旅 3日目(長崎市内~島原~帰路)

2007年9月4日(火)

周遊きっぷ「長崎・佐賀ゾーン」の鉄旅3日目は
長崎市内と島原を回ってから帰路に着くまでの
内容になります。

午前中は長崎電気軌道(路面電車)の
1日乗車券を使い、長崎市内の名所を回ります。

最初にやってきたのはグラバー園です。
高台から長崎港と稲佐山を眺めました。
20070904_01_グラバー園からの眺望

次はすぐ近くの大浦天主堂へ。
1865年に建立された、日本最古の現存する
キリスト教建築物なのだそうです。
20070904_02_大浦天主堂

グラバー園で3施設のセット券を購入したため、
残りの2か所(出島と長崎歴史文化博物館)
にも立ち寄りました。
博物館でおしゃべりなガイドの方に
捕まってしまい、ちょっと時間ロスしたな…

その後は路面電車で浦上方面に移動し、
浜口町駅で下車しました。この先で電車は
長崎西洋館の建物を潜り抜けます。
20070904_03_長崎電軌@浜口町

そして、長崎に来たからにはここは外せません。
原爆投下の中心地を通ったあと、
平和公園の平和祈念像の前に来ました。
二度と同じ過ちが繰り返されませんように。
20070904_04_平和祈念像

さらに平和公園の近くにある浦上教会へ。
原爆で破壊された浦上天主堂の跡地に
それを模して建てられたそうです。
20070904_05_浦上教会

これで長崎市内観光を終了し、
周遊きっぷのゾーン券で諫早へ移動。
長崎本線の旧線経由に乗車しました。
地元では「長与経由」と呼ばれてます。

1.JR長崎本線 長崎12:19→諫早13:05

次の目的地、島原へ向かうため
島原鉄道へ乗り換えます。
ゾーン券外なので、切符を購入。

この頃はまだ「加津佐行き」でしたが、
ここを訪れた半年後の2008年3月に
島原外港~加津佐間が廃止となりました。
20070904_06_島原鉄道@諫早

2.島原鉄道 諫早13:54→島原15:11

1日目の唐津城、2日目の平戸城に続き
3日目は島原城にやって来ました。
いずれも「城のしおり」で紹介されています。
20070904_07_島原城 外観

城の最上階から広い島原湾を眺めました。
手前には島原駅を見下ろすことができ、
遠く先に見える対岸は熊本になります。
20070904_08_島原城からの眺望

約1時間で島原駅に戻り、島原鉄道と
特急かもめで長崎に戻りました。
浦上で降りたのは、近くのスーパー銭湯に
寄ったためです。

3.島原鉄道 島原16:05→諫早17:20
4.かもめ31号 諫早17:37→浦上17:53

3日間ともお世話になった特急かもめの
885系電車もこれで乗り納めになりました。
20070904_09_特急かもめ@長崎

スーパー銭湯でゆっくりした後は、
路面電車で長崎駅に戻りました。

帰路で乗車したのは、ブルートレインの
寝台特急あかつきです。
あかつきもこの半年後、2008年3月に廃止と
なったため、貴重な体験になりました。
20070904_10_寝台特急あかつき

5.寝台特急あかつき 長崎19:47→新大阪7:24

翌日は午前中に大阪の友人と会い、
午後の新幹線で横浜へ帰りました。

以下、当旅行に掛かった交通費です。

<周遊きっぷ>
・ゆき:横浜市内→福岡市内 10,500円
・ゾーン:長崎・佐賀ゾーン 4,000円
・かえり:鳥栖→横浜市内 10,890円
◎周遊きっぷ計: 25,390円

<特急券・寝台券>
・のぞみ(新横浜→博多) 8,880円
・あかつき(特急券+B寝台券) 9,450円
・のぞみ(新大阪→新横浜) 5,340円
◎特急券・寝台券計: 23,670円

<その他>
・博多南線往復(博多⇔博多南): 580円
・福岡市営地下鉄(博多→姪浜): 290円
・松浦鉄道1日乗車券: 2,000円
・長崎電気軌道1日乗車券: 500円
・島原鉄道往復(諫早⇔島原): 2,780円
◎その他交通費計: 6,150円

よって、旅行費用総額は55,210円でした。

これで2007年の長崎・佐賀旅行記を終わります。
最後までご覧いただきありがとうございました。

☆周遊きっぷの旅 バックナンバーはこちら。
周遊きっぷの旅 リンク集

2007年9月 長崎・佐賀ゾーンの旅 2日目(吉野ヶ里~伊万里~平戸)

2007年9月3日(月)

周遊きっぷ「長崎・佐賀ゾーン」の鉄旅2日目は
長崎・佐賀のJR路線と松浦鉄道を乗り継ぎ
2県の大回りとなります。

駅直結のホテルに宿泊したので、
朝7時台と早い時間の出発が可能でした。
20070903_01_長崎駅

周遊きっぷのゾーン券を使い、
まずは特急かもめの自由席に乗って、
佐賀方面へ向かいます。

1.かもめ6号 長崎7:30→佐賀8:44
2.JR長崎本線 佐賀8:47→神埼8:56

やって来た長崎本線の神埼駅は、
吉野ヶ里遺跡の最寄駅ということで、駅舎は
弥生時代の高床式倉庫を模しています。
20070903_02_神埼駅

午前中は吉野ヶ里遺跡周辺一体に広がる
吉野ヶ里歴史公園を見学しました。
最寄駅とはいえ歩くには距離があるため、
レンタサイクルを使って往復しました。

歴史公園の中には、広い敷地に
復元された高床式倉庫などが並びます。
20070903_03_吉野ヶ里1

公園の南端は長崎本線の線路に接しており、
弥生時台の住居の先に特急かもめが
走り抜ける姿を見られたりもしました。
20070903_04_吉野ヶ里2

こうして午前中一杯、吉野ヶ里公園を
歩き回り、神埼駅に戻ってからは普通電車を
乗り継いで伊万里へ向かいました。

3.JR長崎本線 神埼11:52→佐賀12:01
4.JR唐津線 佐賀12:10→山本13:10
5.JR筑肥線 山本13:13→伊万里13:51

前日に乗った筑肥線は地下鉄と直通する
通勤電車でしたが、この日に乗ったのは
黄色い気動車のローカル線でした。
路線は唐津市内で2つに分断されています。

筑肥線の終点、伊万里駅に到着です。
20070903_05_伊万里駅

伊万里で松浦鉄道に乗り換えのため、
JRと道路を隔てた反対側の駅舎へ移動。
松浦鉄道は周遊きっぷの区間外なので、
1日乗車券2,000円を購入し、乗車します。
20070903_06_松浦鉄道@伊万里

6.松浦鉄道 伊万里14:36→たびら平戸口15:46

次に行ったのは平戸城です。
列車を降りてすぐやって来たバスに乗り、
赤い平戸大橋を渡って、平戸城に到着です。
20070903_07_平戸城

城の天守閣から平戸の町を見渡します。
聖フランシスコ・ザビエル記念聖堂が
中央に見えます。
お城と教会が共存する風景って素晴らしい。
20070903_08_平戸城からの眺め

この後は下に見えた港や市役所付近を散策し
先に進むためバスで駅に戻りました。

たびら平戸口駅は長らく「日本最西端の駅」
でしたが、沖縄モノレールが出来たことにより
その座はそちらへ明け渡しました。
でもモノレールでない普通の線路の鉄道では
今でも日本最西端の駅です。
20070903_09_たびら平戸口駅

せっかくここまで来たので、
「日本最西端の駅訪問証明書」も購入。
この年の3月に登場したばかりの新型車両
MR-600形気動車で佐世保へ向かいます。
20070903_10_松浦鉄道@たびら平戸口

7.松浦鉄道 たびら平戸口17:19→佐世保18:47

佐世保ではご当地バーガーを食べたかったが
叶わず。夕飯はチャーハンでした。

最後は大村線経由の快速シーサイドライナーで
長崎に戻りました。

8.JR大村線・長崎本線 佐世保19:52→長崎21:34

これで2日目の鉄旅が終了。
実に14時間の長旅でした。

次回は最終日の3日目、長崎市内の散策後、
島原を訪問する旅程をお送りします。

2007年9月 長崎・佐賀ゾーンの旅 1日目(博多南~唐津~長崎)

今回から、2007年9月の周遊きっぷの旅
第7弾「長崎・佐賀ゾーン」をお送りします。

前年9月の「福岡ゾーン」の旅に続き、
2年連続の九州遠征となりました。

2007年9月2日(日)

出発は、この年7月に登場したばかりの
N700系のぞみで博多駅までやって来ました。
20070902_01_N700系のぞみ@博多

1.のぞみ99号 新横浜6:11→博多10:45

ちなみに上の写真は乗車ののぞみ99号ではなく
その後に博多駅に入線したのぞみ1号です。
99号は品川6:00始発、1号は東京6:00始発です。
始発で出かけたい人がたくさんいるんですね。

周遊きっぷの旅を始める前に、
まだ未乗車だった博多南線を往復しました。

2.JR博多南線 博多11:16→博多南11:26

博多南駅は新幹線の車両基地に隣接し、
この頃はまだ100系新幹線での運行でした。
20070902_02_100系新幹線@博多南

改札を出て、駅舎を撮影。現在は
駅舎の前を九州新幹線が横切っています。
20070902_03_博多南駅 駅舎

3.JR博多南線 博多南12:21→博多12:31

博多駅に戻ってきて、周遊きっぷの旅を
開始しますが、その入口の姪浜までは
筑肥線直通の福岡市営地下鉄に乗車。

このように、姪浜からゾーンへ入る場合のみ
博多駅が入口となっている特殊仕様でした。
20070902_04_長崎・佐賀ゾーン券

4.福岡市営地下鉄空港線・JR筑肥線 博多12:50→唐津14:10

地上に出てJR区間になると、大雨の中を
海沿いを走っていたのを覚えています。

こうして佐賀県に入り、唐津駅まで来ました。
20070902_05_唐津駅 駅舎

空は曇っていますが、雨は止んでました。
ここからは歩いて唐津城へ。

松浦川の河口付近にある橋の先に、
高台に位置する唐津城が見えました。
20070902_06_唐津城 遠景

早速唐津城の天守閣最上階に登り、
展望室から周りを眺めました。
写真奥が「虹の松原」になります。
20070902_07_唐津城 天守閣からの眺め

2016年で再建50周年を迎えた唐津城天守閣は
10月から翌年夏まで改修工事で休館している
ようなので、これから行かれる場合はご注意を。

天守閣を出て、城の近景を撮影。
春になると藤が綺麗に見られる場所です。
20070902_08_唐津城 近景

唐津城を充分に観覧した後は、
1駅隣りの終着駅、西唐津に移動しました。

5.JR唐津線 唐津16:02→西唐津16:05

写真撮影と駅スタンプ押印をして、
ここからは列車を乗り継いで、
宿泊地の長崎まで一気に移動になります。
20070902_09_唐津線気動車@西唐津

6.JR唐津線 西唐津16:15→久保田17:32
7.JR長崎本線 久保田17:36→肥前山口17:44
8.かもめ35号 肥前山口17:48→長崎18:56

長崎駅に到着。この885系「白いかもめ」には
翌日、翌々日も乗車することになりました。
20070902_10_885系白いかもめ@長崎

宿泊は長崎駅直結のJR九州ホテルでした。
この後は日本三大夜景の1つである
稲佐山からの夜景を楽しみました。

次回は2日目、佐賀と平戸を周遊してきた
鉄旅の模様をお送りします。

☆2015年11月に博多南駅へ再訪しました。
11/23 全国鉄道むすめ巡り2015 その8-1(福岡篇)

☆周遊きっぷの旅 バックナンバーはこちら。
周遊きっぷの旅 リンク集

2006年9月 福岡ゾーンの旅 3日目(筑豊・後藤寺線~門司港)

2006年9月5日(火)

周遊きっぷ「福岡ゾーンの旅」での鉄旅3日目
最終日は筑豊本線の未乗車区間と後藤寺線を
乗りつぶして最後に門司港へ向かいます。

2日間お世話になったホテルをチェックアウトし
博多駅からまずは鹿児島本線に乗って
筑豊本線との乗換駅、原田へ行きます。

1.JR鹿児島本線 博多8:18→原田8:36

快速電車で20分足らず、原田に到着です。
20060905_01_原田駅 駅舎

原田は「はるだ」と読みます。
九州の地名には「原」を「はる」と読むのが
多いです。地域性ですかね?

筑豊本線の桂川~原田間の通称原田線は
平日8往復、休日9往復というローカル線で
昼間は4時間ほど列車が走らない時間帯も
あるため、朝早めに乗りに行きました。

天候の悪い中、
原田線のキハ31形気動車に乗車します。
20060905_02_筑豊本線@原田

2.JR原田線 原田9:19→桂川9:47
3.JR福北ゆたか線 桂川9:52→新飯塚10:01

同じ筑豊本線ですが、運転系統の違いにより
愛称も分かれて別線扱いされています。

前日も乗った福北ゆたか線に乗り換え、
今度は後藤寺線乗車のため新飯塚へ。
20060905_03_新飯塚駅 駅舎

4.JR後藤寺線 新飯塚10:45→田川後藤寺11:06

後藤寺線に乗車したことで、
福岡ゾーンの区間を完乗しました。

田川後藤寺からは日田彦山線と鹿児島本線を
乗り継いで、最後の目的地である門司港へ。

5.JR日田彦山線 田川後藤寺11:08→小倉12:15
6.JR鹿児島本線 小倉12:45→門司港12:59

ちなみに日田彦山線で乗ったのは
前日と全く同じ便でした。

重要文化財の門司港駅舎を撮影しました。
2016年現在は保存修理工事中です。
20060905_04_門司港駅 駅舎

午後の時間は「門司港レトロ」と呼ばれる
観光地巡りとなりました。

まず向かったのは、鉄道好きとしては
外せない場所、九州鉄道記念館です。
20060905_05_九州鉄道記念館 中央ゲート

国鉄時代に活躍した機関車、客車、電車が
たくさん展示されているのですが、
当時のデジカメのメモリーが少なくて、
写真がまったく撮られていませんでした。

唯一写したのは、国の有形登録文化財である
本館(旧九州鉄道本社)の外観でした。
20060905_06_九州鉄道記念館 本館

九州鉄道記念館を出た後は、
海沿いを歩いたのでしょうか。
海峡越しに見る、関門橋です。
20060905_07_門司港からの関門橋

そして、門司港レトロの数々の建物を
散策して廻りました。

こちらは旧門司税関です。
中は税関の展示コーナーやギャラリーに
なっています。
20060905_08_旧門司税関

こちらは国際友好記念図書館です。
建てられたのは1995年で、中国の大連にある
ロシア帝国が建設した建物を複製したもの
なのだそうです。
20060905_09_国際友好記念図書館

たっぷり門司港レトロを満喫して、
小倉に移動して新幹線で帰路に着きます。

7.JR鹿児島本線 門司港17:00→小倉17:12

次の日に大阪に寄る用事があったため
せっかくなので、この機会でないと乗れない
700系新幹線「ひかりRailStar」に乗車です。
20060905_10_ひかりRail Star@小倉

8.ひかり476号 小倉18:02→新大阪20:20

翌日9月6日の午後に東海道新幹線で
横浜に帰りましたが、この日は秋篠宮家に
悠仁親王がご誕生された日で、私は
大阪滞在時にこのニュースを知りました。

<周遊きっぷ>
・ゆき:横浜市内→北九州市内 10,280円
・ゾーン:福岡ゾーン 4,500円
・帰り:北九州市内→横浜市内 10,240円
※新下関~小倉がゆきは在来線経由、 
 帰りは新幹線経由なので値段が違います。
◎周遊きっぷ計: 25,020円

<特急券・寝台券>
・富士(特急券+B寝台券) 9,450円
・ひかり(小倉→新大阪) 5,040円
・のぞみ(新大阪→新横浜) 5,340円
◎特急券・寝台券計: 19,830円

よって、旅行費用総額は44,850円でした。

これで2006年の福岡旅行記を終わります。
最後までご覧いただきありがとうございました。

☆2015年11月に門司港へ再訪しました。
続11/23 門司港レトロ観光線と関門海峡1周

☆周遊きっぷの旅 バックナンバーはこちら。
周遊きっぷの旅 リンク集

2006年9月 福岡ゾーンの旅 2日目(久大・日田彦山・筑豊・篠栗・香椎線で福岡1周)

2006年9月4日(月)

周遊きっぷ「福岡ゾーン」での鉄旅2日目は
久大本線、日田彦山線、筑豊本線、
篠栗線、香椎線で福岡県内を1周しました。

周遊きっぷで観光なしの純粋な乗り鉄は
この日だけではないかと思います。

博多駅からまず初めに乗車したのは、
久大本線の特急「ゆふDX」です。
20060904_01_ゆふDX@博多

この特急車両キハ183系1000番台は
現在は「あそぼーい!」という名前で
別の路線を走っていますが、過去に5度も
路線と愛称、そして車体の色を変えて
運転されています。

実は2000年の夏に九州旅行をした際は
大村線を走る特急「シーボルト」として
乗車したことがありました。

周遊きっぷのゾーン券だけで乗れる
自由席に乗車して、久大本線の
大分県日田駅まで行きます。

1.ゆふDX1号 博多7:44→日田9:05

日田駅に到着し、記念に駅舎を撮影。
これは2006年当時の姿で、
2015年に改装されているみたいですね。
20060904_02_日田駅 駅舎

日田からは、この時初乗車になる
日田彦山線に乗り換え、小倉まで。

乗車したのはJR九州では一般的な、
白地に青のラインの気動車でした。
20060904_03_日田彦山線@日田

2.JR日田彦山線 日田9:36→小倉12:15
3.JR鹿児島本線 小倉12:19→戸畑12:27

小倉で鹿児島本線に乗り換え、
戸畑駅で下車。

洞海湾の上を通る若戸大橋。
次はこの橋の下の海を渡船で渡ります。
若戸渡船、料金は片道100円です。
20060904_04_若戸大橋

4.若戸渡船 戸畑→若松(時刻不明)

反対側の若松に到着し、次に乗るのは
筑豊本線の若松から折尾までの区間、
通称「若松線」です。

この区間は非電化で、気動車に乗車。
20060904_05_筑豊本線@若松

5.JR筑豊本線 若松13:04→折尾13:23

終点の折尾で、歴史的建築物だった
当時の東口駅舎を撮影。
付近の連続高架化事業のため、
残念ながら現在は取り壊されています。
20060904_06_折尾駅 駅舎

さらに筑豊本線で先に進みますが、
折尾から桂川までの区間と篠栗線を
合わせた通称「福北ゆたか線」に乗車。
こちらは新型の電車でした。

6.JR福北ゆたか線 折尾13:35→博多14:57

博多に戻ってきましたが、これで終わらず
香椎線の始発駅、宇美までバス移動。

7.西鉄バス 博多バスターミナル→JR宇美駅(時刻不明)

バスは途中、福岡空港を通って、
45分ほどかけて宇美駅に到着しました。

宇美駅は近くに宇美八幡宮があることから、
鳥居の形をイメージした駅舎になっています。
20060904_07_宇美駅 駅舎

8.JR香椎線 宇美16:49→西戸崎17:43

香椎線はJRで唯一、
両端の駅が他線と接続しないという路線です。
また、博多近傍を走りながら、今でも非電化。
終点の西戸崎でその気動車を撮影しました。
20060904_08_香椎線@西戸崎

そしてこちらは1998年に新築され、
ヨットをイメージした西戸崎の駅舎です。
20060904_09_西戸崎駅 駅舎

ここからはこの日2度目の渡船で
博多埠頭へ移動しました。

9.福岡市営渡船 西戸崎→博多埠頭(時刻不明)

渡船を降りた先にあるベイサイドプレイスです。
初めはここに見える塔が福岡タワーだと思って
いましたが、こちらは博多ポートタワーでした。
天気が悪く、日も暮れかかっていたため、
展望室には登りませんでした。
20060904_10_福岡タワー

この後、博多埠頭のバスターミナルからバスで
博多駅に戻り、ホテルにチェックインしました。

10.西鉄バス 博多埠頭→博多駅(時刻不明)

これで乗りっぱなしの1日が終了と思いきや
夕食の後、実は21時過ぎからもう一乗り。
福北ゆたか線を走る、つばめ型の787系
特急「かいおう」に乗りたかったのです。

11.かいおう2号 博多21:25→直方22:15
12.JR福北ゆたか線 直方22:17→折尾22:37
13.ソニック58号 折尾22:43→博多23:15

周遊きっぷゾーン券があったからこそ
特急自由席に乗れて出来る芸当。
これでこの日の鉄旅を締めました。

翌日3日目は、まだ未乗車区間であった
筑豊本線の原田~桂川間と後藤寺線を
乗車してから門司港駅に寄る鉄旅です。
こちらを次回にお送りします。

☆周遊きっぷの旅 バックナンバーはこちら。
周遊きっぷの旅 リンク集
プロフィール

ぼんばー

Author:ぼんばー
いつか日本の鉄道を乗りつくすことを夢見て、ひたすら日本を旅しています。鉄道に関するパワーサイトを構築することが目標です。

FC2乗り鉄の会

鉄道旅行派の同好会に
参加しています。
(敬称略・五十音順)


hmdの鐵たびブログ
ローカル線の旅
by hmd

写真を中心に「見る紀行文」で、
長期連載しています。


かめかめブログ
by かめ

鉄道、旅、B級グルメ、季節・・・


鉄・街・旅な、つぶやき日記
by あいあんさいど

鉄道、街歩き、旅…などなど。
いろんな思いを、感じたままに。


日本鉄道路線 制覇への挑戦!
by タカ&ヨシ

日本の鉄道、全路線を制覇に
挑戦しています。


本気で全線を走破したい
ぼんばーの日記
by ぼんばー

本気に全線走破をするまでの
過程を徒然と日記で綴ります。

FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

清き一票をお願いいたします!

にほんブログ村

モテる人のメール