2006年関東の駅フォトラリー その6(足尾篇)

2006年8月19日(土)

2006年の「第1回関東の駅フォトラリー」の参加記録、6日目は栃木県にあるわたらせ渓谷鐵道「通洞駅」が目的地でした。
ただ、それだけでは飽き足らず、わたらせ渓谷鐵道の完乗、東武小泉線の完乗を合わせて果たしてきました。

青春18きっぷを使用して、朝早く出発しました。

1.JR湘南新宿ライン・高崎線 横浜6:57→籠原8:45
2.JR高崎線 籠原8:53→高崎9:25
3.JR両毛線 高崎9:28→桐生10:13

桐生からは、わたらせ渓谷鐵道でまずは終点の間藤駅に向かいました。
前年の関東の駅百選ラリーでは途中の水沼駅で折り返したので、その先に行くのはこの時が初めてでした。

4.わたらせ渓谷鐵道 桐生10:36→間藤12:16

こちらが間藤駅です。左側に道路、右側がホームと線路、そのすぐ横には崖がそびえます。
間藤駅1(2006)

この日、わたらせ渓谷鐵道完乗を果たさせてくれた車両です。
再びこれに乗って、2駅手前の通洞駅へ向かいました。
間藤駅2(2006)

5.わたらせ渓谷鐵道 間藤12:45→通洞12:53

目的地のフォトラリーポイント「通洞」です。
「四季折々の美しさをはじめ、自然景観が魅力」
通洞駅(2006)

この通洞駅の近くには、かつての足尾銅山の歴史を後世に伝える「足尾銅山観光」という施設があります。
今回はこちらへ行ってみました。
足尾銅山観光1(2006)

こちらが通洞坑口です。トロッコ電車に乗って入っていくことができます。
足尾銅山観光2(2006)

約1時間ほど、足尾銅山観光を見学していきました。
通洞駅に戻り、帰りは名物のトロッコ列車に乗りました。

6.トロッコわたらせ渓谷号 通洞14:35→大間々16:02

トロッコ列車の中から線路沿いを流れる渡良瀬川を1枚だけ撮影していました。
渡良瀬川(2006)

当時持っていたデジカメのメモリーカードが16MBとか32MBだったので、大切に使ってました…
終点の大間々駅に到着し、ここでトロッコわたらせ渓谷号を撮影。
といってもトロッコ車両が写ってなかった…
トロッコわたらせ渓谷号(2006)

この後、当時未乗車だった東武小泉線に乗りに行きました。

7.わたらせ渓谷鐵道 大間々16:13→相老16:22
8.東武桐生線・小泉線 相老16:28→東小泉16:59
9.東武小泉線 東小泉17:12→西小泉17:16

終着駅の西小泉駅を撮影しました。夕方で思いっきり逆光ですが…
西小泉駅1(2006)

東小泉から乗ってきた電車で再び折り返し、館林まで乗って小泉線完乗です。
西小泉駅2(2006)

10.東武小泉線 西小泉17:27→館林17:45
11.東武伊勢崎線 館林17:51→久喜18:19
12.JR宇都宮線・湘南新宿ライン 久喜18:27→横浜19:52

なお、わたらせ渓谷鐵道の旅は今年(2012年)にも実施しています。こちらも合わせてご覧いただけると幸いです。
 →8/11 関東の鉄道お宝ラリー その5(わたらせ渓谷篇)

次回は7日目、山梨篇を紹介します。

2006年関東の駅フォトラリー その5(常陸篇)

2006年8月13日(日)

2006年の「第1回関東の駅フォトラリー」の参加記録、5日目は常陸方面の以下2駅を廻りました。
・茂木(真岡鉄道)
・常陸小川(鹿島鉄道)

栃木県、茨城県ということで横浜から遠くなってきたため、青春18きっぷを使用します。

1.JR湘南新宿ライン・宇都宮線 横浜7:35→小山9:26
2.JR水戸線 小山9:34→下館9:56

真岡鉄道では人気の「SLもおか」に乗りました。
下館駅で乗車前にSLの写真は撮っていなかったみたいです。

3.SLもおか 下館10:37→茂木12:02

第1チェックポイント「茂木」です。
「ぬくもりと懐かしさを感じさせる…」立派な駅舎です。
茂木駅(2006)

駅舎の2階から、SLの蒸気機関車の転回が見物できました。
真岡鉄道SL(2006)

復路は普通の列車で帰ります。前年も乗ったカラフルな「モオカ14型」気動車です。
真岡鉄道気動車(2006)

4.真岡鉄道 茂木12:41→下館13:47
5.JR水戸線 下館13:59→友部14:38
6.JR常磐線 友部14:46→石岡15:03

この日もう1つの目的地へ行くため、鹿島鉄道に乗車します。今となっては貴重な写真です。
鹿島鉄道気動車(2006)

鹿島鉄道は2007年3月31日を最後に廃線となったため、この年は最後の夏でした。
終点鉾田には過去2度、関東の駅百選ラリーで行っていましたが、この時は途中駅までの乗車です。

7.鹿島鉄道 石岡15:29→常陸小川15:44

第2チェックポイント「常陸小川」です。
「花と緑にあふれる豊かな自然の息吹を満喫」付近には花と鉄道をカメラに収められる場所があったようです。
常陸小川駅(2006)

入口横の「かしてつ応援団」のポスターが何とも哀愁を感じます。

常陸小川駅の構内にはDD901という機関車が保存されていました。
近くにある航空自衛隊百里基地への航空燃料貨物輸送を担っていましたが、貨物営業が廃止となって活躍の場を失いました。
鹿島鉄道機関車(2006)

この日が、鹿島鉄道に乗車した最後の日となりました。
無論、常陸小川駅を訪れたのもこの日が最後です。

8.鹿島鉄道 常陸小川16:08→石岡16:25
9.JR常磐線 石岡16:36→上野18:17
10.JR京浜東北線 上野18:24→横浜19:09

この時点で残りのラリーポイントとなる駅は4駅。後は1日1駅ずつ訪れることになります。
次回は栃木県の駅訪問です。

2006年関東の駅フォトラリー その4(千葉篇)

2006年7月15日(土)

2006年に行われた「第1回関東の駅フォトラリー」の参加記録を連載しております。
4日目はちょっと間が空いて7月の3連休初日、訪れたのは千葉県内の以下の3駅です。
・薬園台(新京成線)
・芝山千代田(芝山鉄道)
・葭川公園(千葉都市モノレール1号線)

この頃は横浜から門前仲町へ通勤していたため、定期券で門前仲町まで出た上で千葉に向かいました。

1.京急本線 横浜10:28→泉岳寺10:48
2.都営浅草線 泉岳寺10:50→大門10:54
3.都営大江戸線 大門10:59→門前仲町11:10
4.東京メトロ東西線・東葉高速鉄道 門前仲町11:16→北習志野11:45
5.新京成線 北習志野11:55→薬園台11:58

第1チェックポイントの「薬園台」です。
「薬草をかたどった壁画とステンドグラス調の窓が印象的な駅舎」
薬園台駅(2006)

江戸時代この辺りに薬草園が造られたことが駅名の由来だそうです。
上部にあるのがステンドグラス調の窓でしょうが、しっかり見なかったです。

6.新京成線 薬園台12:08→京成津田沼12:15
7.京成本線 京成津田沼12:33→京成成田13:01
8.京成東成田線・芝山鉄道 京成成田13:19→芝山千代田13:28

第2チェックポイント「芝山千代田」です。
「近代的『空港』と古代的『はにわ』を合わせて望む」
芝山千代田駅(2006)

駅舎と線路の向こう側には成田空港が拡がっています。
なお、フォトラリーの撮影指定場所は駅前広場のはにわモニュメント「離陸」です。
芝山千代田はにわモニュメント(2006)

芝山千代田駅はこの手のラリーポイントによく選ばれるのですが、たどり着くのが大変です。
昼間の運転間隔が40分毎。もう少し運転頻度が上がるとよいのですが…

9.芝山鉄道・京成東成田線 芝山千代田14:14→京成成田14:24
10.JR成田線 成田14:41→千葉15:14
11.千葉都市モノレール1号線 千葉15:32→葭川公園15:35

最後の第3チェックポイント「葭川公園」です。
「葭川の河川上に駅舎があり、周辺は近代的な業務ビルやデパートが林立」
葭川公園駅(2006)

関東の駅百選の県庁前駅の一つ手前の駅です。
近くにパルコがあり、無料シャトルバスが出ていたので、それに乗って千葉駅まで戻りました。
ちなみに千葉駅まで歩いても、そんなに距離はありません。

12.JR総武快速線・横須賀線 千葉15:49→品川16:44
13.京急本線 品川17:23→横浜17:40

品川で乗り換えたのは、当時は京急の定期券を持っていたからです。
しかも千葉からグリーン車に乗ると、品川は550円、横浜は750円(休日事前料金)です。

次回は5日目「常陸篇」を紹介します。

2006年関東の駅フォトラリー その3(神奈川篇)

2006年5月28日(日)

第1回関東の駅フォトラリーの3日目、訪れたのは以下の6駅です。
・海の公園柴口(金沢シーサイドライン)
・舞岡(横浜市営地下鉄ブルーライン)
・小田原(JR東海道本線)
・宮ノ下(箱根登山鉄道)
・追分(大山ケーブルカー、現在の駅名は大山ケーブル)
・かしわ台(相鉄本線)

神奈川県内を、横浜を起点に時計回りに1周しました。まずは横浜市内から。
横浜駅出発が7時ということは、家を出たのは6時?今では考えられないです…

1.JR根岸線 横浜7:06→新杉田7:23
2.金沢シーサイドライン 新杉田7:28→海の公園柴口7:47

第1チェックポイント「海の公園柴口」です。
「海水浴場、潮干狩り、ハイキング…四季を通じて楽しめるのが魅力」
海の公園柴口駅(2006)

関東の駅百選の八景島駅の隣りの駅です。
海側には横浜市唯一の海水浴場「海の公園」、反対側へ歩くと「称名寺」があります。

3.金沢シーサイドライン 海の公園柴口8:01→金沢八景8:08
4.京急本線 金沢八景8:13→上大岡8:27
5.横浜市営地下鉄ブルーライン 上大岡8:31→舞岡8:40

第2チェックポイント「舞岡」です。
「里山、田園そしてせせらぎ。そんな原風景が残っている」
舞岡駅(2006)

かつては地下鉄の終点だったこともあります。
写真右側にある立て看板が撮影場所ということで、この出入り口の写真になりました。
ちなみにこの頃はまだグリーンラインが開通前で、ブルーラインは単に「横浜市営地下鉄」でした。

6.横浜市営地下鉄ブルーライン 舞岡8:48→戸塚8:50
7.JR東海道本線 戸塚9:00→小田原9:51

第3チェックポイント「小田原」です。
「駅ビルには屋上庭園、都心からも直通運転の便利さ」
小田原駅(2006)

フォトラリーの指定撮影場所は改札口上部の「小田原提灯」でした。
かつては大正建築の三角屋根をした駅舎でしたが、それは取り壊されて駅ビルができています。

ここからは一度、箱根方面に向かいます。

8.箱根登山鉄道 小田原10:03→箱根湯本10:18
9.箱根登山鉄道 箱根湯本10:20→宮ノ下10:47

第4チェックポイント「宮ノ下」です。
「初夏のあじさいの名所と、箱根の温泉・歴史とともに歩んできた駅」
宮ノ下駅(2006)

この2006年4月にリニューアルしたばかりの駅舎でした。
もう少ししたら、あじさいが満開できれいだったと思いますが、ちょっと来るのが早かったですね。

次は来た道を戻り、伊勢原から大山へ向かいます。

10.箱根登山鉄道 宮ノ下11:01→箱根湯本11:27
11.箱根登山鉄道・小田急小田原線 箱根湯本11:41→伊勢原12:36

この頃はまだ小田急の急行が箱根湯本まで直通するダイヤでした。
伊勢原駅からバスに乗って約30分で大山ケーブルカー乗り場に到着です。

第5チェックポイント「追分」です。(現在の駅名は「大山ケーブル」)
「関東三大不動の一つ、大山寺参詣への玄関口」
追分駅(2006)

ケーブルカーの麓の駅まで来ておいて、そのまま帰るのはもったいない。
そこでケーブルカーに乗って阿夫利神社まで行ってきたのですが…生憎の雨模様でした。

12.大山ケーブルカー 追分13:20→下社13:26
(当時の駅名です。2008年10月に追分駅は大山ケーブル駅、下社駅は阿夫利神社駅に改称)

濃霧の中、阿夫利神社を撮影していたようです。
阿夫利神社(2006)

こちらは帰りのケーブルカーですね。晴れていれば景色がよかったかも。
大山ケーブル(2006)

13.大山ケーブルカー 下社14:00→追分14:06

バスで伊勢原駅まで戻り、最後の一駅に向かいました。

14.小田急小田原線 伊勢原14:44→海老名15:00
15.相鉄本線 海老名15:07→かしわ台15:10

第6チェックポイント「かしわ台」です。
「燦々と差し込む太陽光が、駅の明るいデザインを一層引き立てる」
かしわ台駅(2006)

この駅舎は2002年に建て替えられたものとのこと。
橋上駅舎の下には、相鉄の車庫が拡がっています。

この日のラリーはここまで。この後は引き続き相鉄経由で自宅へ帰りました。
次回は7月の第4弾「千葉篇」を紹介します。

2006年関東の駅フォトラリー その2(埼玉篇)

前回に引き続き、2006年に行われた第1回関東の駅フォトラリーの参加記録、今回は第2弾です。

2006年5月21日(日)

この日は埼玉県内の以下3駅を廻りました。
・浦和美園(埼玉高速鉄道)
・小川町(東武東上線)
・横瀬(西武秩父線)

この年のGWは仕事に出ずっぱりでしたが、この頃は少し余裕ができたようです。(本当か?)

横浜からまず浦和美園に向かうため、乗ったのは東急目黒線→東京メトロ南北線→埼玉高速鉄道の3社直通線です。
この時はまだ目黒線に急行は登場しておらず、すべてが各駅停車の運転でした。(急行登場は同年9月25日から)

1.東急東横線 横浜10:02→多摩川10:20
2.東急目黒線・南北線・埼玉高速鉄道 多摩川10:34→浦和美園11:49

第1チェックポイント「浦和美園」です。
「アジア最大級のサッカースタジアムは、いまやシンボル的存在」
浦和美園駅(2006)

この駅舎の最上階(3階)は埼玉高速鉄道の本社になっているのだとか。
当時のフォトラリー帳を読み返すと「2006年4月に浦和美園駅周辺の街びらきが行われ、新たな街がつくられています」とのことでした。確かにバス路線が充実して、街らしくなったと思います。
埼玉スタジアムは結構遠くにあって、まだ一度も歩いて行ってみたことがないです。徒歩15分とのことです。

あとの2駅は思いっきり西側にあります。こんな時便利なのが武蔵野線です。

3.埼玉高速鉄道 浦和美園12:10→東川口12:13
4.JR武蔵野線 東川口12:22→北朝霞12:39
5.東武東上線 朝霞台12:46→小川町13:39

第2チェックポイント「小川町」です。
「見どころいっぱい、花と緑あふれる『武蔵の小京都』」
小川町駅(2006)

東武東上線とJR八高線の乗換駅ですが、駅の管理は東武で行っています。
撮影場所の指定が細かく、改札口を出て階段を降り正面にある花壇付近より撮影してください、とありました。
車の手前に写っている植物が花壇でしょうか。
今まで途中駅のイメージしかありませんでしたが、「和紙のふるさと」や「武蔵の小京都」と形容される観光地とのことなので、次回行くときはいろいろ散策してみようと思いました。

次の横瀬駅には東武と秩父鉄道経由で向かいました。
秩父鉄道で乗った電車が西武直通の池袋行きでした。当時は寄居始発でしたが、今は長瀞始発になっています。
西武の4000系というクロスシート車両での運行で、ちょっとお得でした。

6.東武東上線 小川町13:45→寄居14:00
7.秩父鉄道・西武秩父線 寄居14:47→横瀬15:37

第3チェックポイント「横瀬」です。
「近郊はのどかな山里が広がり、秩父札所めぐりが楽しめる」
横瀬駅(2006)

芝桜で有名な羊山公園の最寄駅ですが、もう時期が過ぎていました。
こちらもいつか行ってみたいと思っている場所です。

帰りはレッドアローでゆったりと。

8.特急ちちぶ32号 横瀬16:29→池袋17:46
9.湘南新宿ライン 池袋18:12→横浜18:52

2日目は3駅で終了。
次回は翌週に出かけた「神奈川篇」を紹介します。
プロフィール

ぼんばー

Author:ぼんばー
いつか日本の鉄道を乗りつくすことを夢見て、ひたすら日本を旅しています。鉄道に関するパワーサイトを構築することが目標です。

FC2乗り鉄の会

鉄道旅行派の同好会に
参加しています。
(敬称略・五十音順)


hmdの鐵たびブログ
ローカル線の旅
by hmd

写真を中心に「見る紀行文」で、
長期連載しています。


かめかめブログ
by かめ

鉄道、旅、B級グルメ、季節・・・


旅のカケラ
by PoW

鉄道の旅日誌と撮影記録


鉄・街・旅な、つぶやき日記
by あいあんさいど

鉄道、街歩き、旅…などなど。
いろんな思いを、感じたままに。


日本鉄道路線 制覇への挑戦!
by タカ&ヨシ

日本の鉄道、全路線を制覇に
挑戦しています。


本気で全線を走破したい
ぼんばーの日記
by ぼんばー

本気に全線走破をするまでの
過程を徒然と日記で綴ります。

FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

清き一票をお願いいたします!

にほんブログ村

モテる人のメール