FC2ブログ

かんとうみんてつ巡り2018 その6(房総横断)

2018年11月24日(土)

この日は前日に引き続き、
「サンキュー千葉フリー乗車券」を使って
かんとうみんてつモバイルスタンプラリーの
千葉県房総方面の対象駅を巡ります。

・県庁前駅(千葉都市モノレール)
・総元駅(いすみ鉄道)
・月崎駅(小湊鉄道)

まずはフリー区間外の千葉都市モノレール
県庁前駅から訪問しました。
20181124_01_千葉都市モノレール@県庁前

1.JR横須賀線・総武線 横浜8:55→千葉10:05
2.千葉都市モノレール 千葉10:12→県庁前10:17

県庁前駅は関東の駅百選に選定されており
駅舎は筒状のガラス屋根で覆われています。
現状はここが終点ですが、果たして
延伸することはあるのでしょうか。
20181124_02_県庁前駅 駅舎

モバイルスタンプを取得後は、すぐ近くにある
JR本千葉駅からいすみ鉄道接続駅の大原へ
向かいます。

3.JR外房線 本千葉10:28→上総一ノ宮11:11
4.JR外房線 上総一ノ宮11:16→大原11:33

大原駅でいすみ鉄道のホームへ移動すると
待っていたのは旧国鉄気動車を利用した
急行列車です。急行券300円を追加購入して
初めての国鉄形気動車急行に乗車です。
20181124_03_いすみ鉄道急行@大原

手前のキハ28形2346は予約制レストラン運用
で乗車不可のため、奥のオレンジ色の車体
キハ52形125に乗車します。

2つ目の停車駅、国吉で反対列車待ちの
時間を利用してグッズや駅弁の販売が
ありました。駅の改札口前にはムーミンの
登場キャラクター、ミイがお出迎えです。
20181124_04_国吉駅のミイ

駅弁を購入して列車の中で昼食。
列車はいすみ鉄道本社のある大多喜駅へ
やって来ました。ここではホームには降りず
列車の中からホームを見渡します。

11月なのにクリスマスは早いと思いますが、
手作り感のある装飾が素敵です。
20181124_05_大多喜駅の飾り

5.いすみ鉄道 大原11:48→総元12:50

終点の2つ手前になる、モバイルスタンプの
取得対象駅の総元で下車しました。
無人駅ですが、公民館が併設された
青い屋根の立派な駅舎が立っています。
20181124_06_総元駅 駅舎

次の列車がやって来るまで1時間ほど。
モバイルスタンプラリーの特設サイトで
紹介されている「黒原不動滝」まで歩いて
行けるようなので、行ってみました。

いすみ鉄道に沿って流れる夷隅川にある
川幅いっぱいに三段に流れる滝です。
しばし眺めながら滝の音を聞いていました。
20181124_07_黒原不動滝

滝を見てから駅に戻りましたが、
列車の時間まではまだ余裕があるので、
周辺を歩いて過ごしました。

程なく、先ほど乗ってきた旧国鉄形気動車が
大原方面へ向かうところが見られました。
田園の中を走る気動車、まるで一昔前の
風景のように思えます。
20181124_08_総元駅 遠景

ホームに立ち、しばらく静かな時間が流れた
後に、下りの上総中野行きが到着。

黄色の車体側面にムーミンのキャラクターが
描かれた「いすみ350型」という気動車です。
20181124_09_いすみ鉄道@総元

6.いすみ鉄道 総元13:46→上総中野13:55

終点の上総中野で小湊鉄道に乗り換えます。
既に列車が入線しており、こちらは3両編成で
かなりの賑わいを感じました。

小湊鉄道では月崎駅がモバイルスタンプの
対象駅になっていましたが、これは車内で
取得することとして、一気に五井まで乗り通し
そのままJRで横浜まで戻りました。
20181124_10_小湊鉄道@上総中野

7.小湊鉄道 上総中野14:04→五井15:15
8.JR内房線・総武線・横須賀線 五井15:19→横浜16:56

小湊鉄道は近年どうも乗り流してばかりで、
次回はぜひ小湊鉄道沿線をしっかり観光
したいと考えています。
ともあれ、これで2日間の千葉巡りが完了です。

みんてつモバイルスタンプは残り7か所となり
あとは12月に持ち越しですが、次回以降も
関東のローカル線巡りをお伝えしていきます。

ご覧いただきありがとうございました。

かんとうみんてつ巡り2018 その5(流山・銚子)

2018年11月23日(金)

かんとうみんてつモバイルスタンプラリーですが
11/23~24の2日間で千葉の民鉄を巡ります。

昨年同様、2日間乗り放題のお得なきっぷ
「サンキューちばフリー乗車券」を利用します。
今回分からはフリーエリアが拡大されて、
流鉄流山線が利用可能になりました。

そこで1日目は流鉄と銚子電鉄を1日で
巡ってしまおうとプランを組みました。

1.JR東海道本線 横浜8:47→品川9:05
2.JR上野東京ライン・常磐線 品川9:17→松戸9:53
3.JR常磐線各駅停車 松戸9:54→馬橋9:59

流鉄の起点、馬橋駅に到着。
フリーパスでは初乗車の流鉄になります。

車両が色とりどりの流鉄ですが、2018年8月に
デビューしたばかりのピンク色の電車、
「さくら」に乗って終点の流山へ向かいました。
20191123_01_流鉄さくら@馬橋

4.流鉄流山線 馬橋10:00→流山10:12

全6駅、全長5.7kmの短い路線ですが、
東京から最も近いローカル鉄道として
愛されており、よく利用されています。

終点の流山駅でみんてつモバイルスタンプを
取得。そうそう、流鉄にも最近になって
鉄道むすめ「幸谷なのは」が登場しました。
流山駅の入口で乗客を迎えています。
20191123_02_流山駅 幸谷なのは

サンキューちばフリー乗車券を見せると
割引が効く施設があるようなので、
流山駅から歩いてそちらへ向かいました。

醤油工場のすぐ横を通って着いたのは
こちらの「一茶双樹記念館」です。
20191123_03_一茶双樹記念館1

俳人・小林一茶と白みりん開発者・秋元双樹の
交流の地で、枯山水の庭を眺めながらお茶を
楽しむことができる場所です。

フリー乗車券の特典で入館料半額に加え、
ポストカード1枚のプレゼントがありました。

季節は晩秋、庭園では菊の花と紅葉を
同時に楽しむことができました。
20191123_04_一茶双樹記念館2

しばし時間を潰してから、流鉄に戻ります。
流山駅よりも隣りの平和台駅の方が近そう
なので、そちらへ向かうことにしました。

5.流鉄流山線 平和台10:59→幸谷11:06
6.JR常磐線各駅停車 新松戸11:16→我孫子11:30

我孫子駅で成田線に乗り換えます。
この区間を乗車するのは久しぶりです。
以前、某TV番組で「水空ライン」の愛称が決定
したものの、今では使われていないようです。
20191123_05_JR成田線E231系@我孫子

7.JR成田線 我孫子11:47→成田12:28

成田駅からは、新しくフリー区間に加わった
JRバス関東の多古本線に乗車し、
総武本線の八日市場駅に向かいます。

実は途中で芝山鉄道の芝山千代田駅に
立ち寄るため、ここでみんてつモバイルラリー
のスタンプを取得する目的もあります。

たまには鉄道だけではなく、路線バスの
長距離移動が入るのもよいかと思います。
20191123_06_JRバス多古本線@成田

8.JRバス多古本線 成田駅12:40→八日市場駅14:10

八日市場駅で昼食を調達後は、
総武本線に乗って銚子へ出ました。
この日もう1つの民鉄、銚子電鉄へ。

9.JR総武本線 八日市場14:18→銚子14:50

銚子電鉄のホームで待っていたのは
青い車体の3000形電車でした。
元伊予鉄道の700系なのだそうです。
20191123_07_銚子電鉄@銚子

10.銚子電鉄 銚子15:00→君ヶ浜15:14

終点の2つ手前、君ヶ浜駅がみんてつモバイル
スタンプの取得ポイントでした。
ホームには白亜のアーチ形ゲートが立って
いましたが、今は柱を残して撤去されています。
20191123_08_君ヶ浜駅 ホーム

これだけで戻るのも勿体ないので、
君ヶ浜海岸から犬吠埼灯台まで歩いて
みようと海岸方面へ歩きました。
広いキャベツ畑が一面に拡がる一本道を
抜けると、君ヶ浜海岸に出ました。

日の出が綺麗に見えるスポットとして知られて
おり、日本の渚百選にも選ばれています。
地面の案内は1年に1回のためにある?
20191123_09_君ヶ浜海岸

ここから海岸を犬吠に向かって歩いて、
小高くなった場所の上に見える犬吠埼灯台に
久しぶりに登ってみました。

君ヶ浜海岸の少し先には、
銚子ポートタワーも見えています。
寒い中、しばし遠くの海を眺めていました。
20191123_10_犬吠埼灯台からの眺め

眺めを楽しんだあとは犬吠駅まで歩いて、
銚子電鉄で戻りました。銚子駅からは
今回も特急しおさいで帰ります。

11.銚子電鉄 犬吠16:19→銚子16:35
12.しおさい12号 銚子16:38→東京18:29
13.JR横須賀線 東京18:31→横浜19:05

これでこの日の鉄旅は終了です。
サンキューちばフリー乗車券のエリア拡大で、
実現できた流鉄と銚電の1日巡りでしたが
なかなか面白い旅程になったと思います。

両鉄道のむすめの名前を取って、
「なのはとつくし巡り」とでも言いますか。

次回は翌日、サンキュー千葉フリー券2日目
こちらも毎年恒例となったいすみ鉄道と
小湊鐵道による房総横断篇になります。

かんとうみんてつ巡り2018 その4(茨城)

2018年11月11日(日)

この日は茨城の各民鉄を巡りました。
かんとうみんてつモバイルスタンプラリーで3駅
寅さんサミットスタンプラリーで2駅の
スタンプを取得していきます。

例によって、JRの「ときわ路パス」を使うため
購入可能な一番手前の駅である取手まで
JRを乗り継いで行きました。

1.JR上野東京ライン 横浜7:42→上野8:16
2.JR常磐線 上野8:25→取手9:08

取手駅の自動券売機で「ときわ路パス」を
購入後、1つ目の民鉄となる関東鉄道の
常総線に乗車します。
20181111_01_関東鉄道常総線@取手

みんてつモバイルラリーでは大宝駅、
寅さんラリーでは映画のロケ地となった
常総市から水海道駅と石下駅がスタンプの
ポイントとなっていますが、それぞれの駅で
下車はせず車内で操作してスタンプ取得です。

3.関東鉄道常総線 取手9:31→水海道9:59
4.関東鉄道常総線 水海道10:01→下館10:55

下館駅では2つ目の民鉄、真岡鐵道に
乗り換えます。2018年で第3セクターとしての
開業30周年を迎えました。
20181111_02_真岡鉄道@下館

みんてつモバイルラリーで久下田駅と
真岡駅がスタンプポイントになっており、
今回は真岡までの乗車で取得達成です。

5.真岡鐵道 下館11:10→真岡11:37

真岡駅の蒸気機関車を模した駅舎です。
1997年にこの駅舎に改築され、同年に
第1回関東の駅百選に選定されています。
20181111_03_真岡駅 駅舎

そして2013年には駅舎に隣接して、
真岡市SLの走るまち拠点施設
「SLキューロク館」が開設されました。

2台の蒸気機関車が動態保存されており、
こちらの9600形蒸気機関車は毎土日祝日に
1日3回の自走運行が行われています。
20181111_04_9600形蒸気機関車@SLキューロク館

この日2回目の自走運行の時間までもう少し
だったのですが、ちょっと駅周辺を歩きたい
と思い、SLキューロク館を後にしました。

この川沿いの道を進んでいくと、1つ先の
北真岡駅の近くまで行けるようなので、
ここを歩いていきました。
春に桜が満開になると綺麗な場所のようです。
20181111_05_真岡から北真岡へ

途中コンビニで昼食を調達した上で、
20分ほど歩いて北真岡駅に到着しました。
線路沿いに続く桜の木も、春に満開になった
頃に見てみたいものです。

ホームに立って5分もしないうちに、
下館行の列車がやって来ました。
20181111_06_真岡鉄道@北真岡

ときわ路パスで回れるもう1つの民鉄、
ひたちなか海浜鉄道に乗車するために
勝田駅に向かいます。

6.真岡鐵道 北真岡12:19→下館12:50
7.JR水戸線 下館13:28→友部14:08
8.JR常磐線 友部14:11→勝田14:30

ひたちなか海浜鉄道では、愛知県の
東海交通事業城北線から購入した
白地にオレンジの帯が入った車両が
走るようになりました。
20181111_07_ひたちなか海浜鉄道@勝田

9.ひたちなか海浜鉄道湊線 勝田14:40→殿山14:59

かんとうみんてつモバイルスタンプラリーの
スタンプポイントになっているのは、
那珂湊駅の1つ先にある殿山駅でした。

片面ホームが切り通しの下に位置しており
坂と階段を下りた場所に駅舎があるという
珍しい構造になっています。
20181111_08_殿山駅 駅舎

戻りの列車まで時間があるので、こちらでも
1つ手前の那珂湊駅まで歩きました。

近くに海の干潮を利用したプールもあると
いうことで、海が見えるのかと期待しましたが、
県道を歩いた限りでは海は見えずでした。

こうして那珂湊駅に到着。
湊線開業以来の駅舎を利用しており、
関東の駅百選の1つとなっています。
20181111_09_那珂湊駅 駅舎

駅構内には車庫もあり、茨城交通時代の
車両や、廃止された三木鉄道から購入した
車両なども見ることができました。

那珂湊駅のホームに入線してきたのは、
往路で乗車した元東海交通事業のキハ11形。
これで勝田に戻り、茨城を後にしました。
20181111_10_ひたちなか海浜鉄道@那珂湊

10.ひたちなか海浜鉄道湊線 那珂湊15:28→勝田15:43
11.ときわ80号 勝田15:47→品川17:23
12.JR東海道本線 品川17:26→横浜17:44

これで茨城で手に入れるべきスタンプは
いただき、この日の鉄旅は完了です。

次回からは千葉県内の民鉄を2日掛かりで
巡った模様をお送りする予定です。
今回もご覧いただきありがとうございます。

寅さんサミット記念スタンプラリー その1(葛飾区とその周辺)

2018年11月3日(土)

かんとうみんてつスタンプラリー2018の最中、
普段使っている携帯電話の駅取得ゲーム経由で
こんなラリーが行われることになったのを
突然知りました。
20181103_01_寅さんサミットスタンプラリー パンフレット

「寅さんサミット記念スタンプラリー」

映画「男はつらいよ」シリーズの舞台、
葛飾区柴又で行われている「寅さんサミット」は
柴又をはじめ、全国各地の映画の舞台となった
地域が一同に会して行われるイベントです。

今回、寅さんサミットに参加した全国各地を
代表する駅を巡るという壮大なラリーです。
葛飾区からは7駅、その他の地域は1~2駅の
全部で50駅を巡ることになります。

この日は、葛飾区の対象駅でスタンプを集める
ついでに柴又の「寅さんサミット」に寄って
こようと計画しました。

1.JR上野東京ライン 横浜9:47→上野10:19

京成での移動が主となるため、こんな時に
役立つお得なきっぷを購入しました。

下町日和きっぷ」500円です。
京成電鉄の都内区間が乗り放題とのこと。
これを使って、京成上野駅から出発です。
20181103_02_京成3700形電車@京成上野

2.京成本線 京成上野10:34→青砥10:49
3.京成押上線 青砥10:57→四ツ木11:01

この途中で堀切菖蒲園駅と京成立石駅で
対象のモバイルスタンプを取得。3つ目の
スタンプ取得駅である四ツ木駅で下車します。
20181103_03_四ツ木駅 駅舎

葛飾区でアニメといえば、亀有の「こち亀」が
有名ですが、実はここ四ツ木も少年ジャンプの
超有名アニメで町おこしをしています。

それがこちら「キャプテン翼」です。
20181103_04_キャプテン翼像@四つ木つばさ公園

漫画の原作者 高橋陽一氏の出身地が
葛飾区四つ木ということで、四ツ木とその隣りの
立石の各地にはキャプテン翼のキャラクターの
銅像が全部で9体設置されています。

こちらの主人公、大空翼の銅像はその名も
「四つ木つばさ公園」に設置されています。

これを皮切りに石崎了、日向小次郎、
岬太郎、若林源三など9体中8体の銅像を
歩いて見て回り、隣りの京成立石駅へ。

ここから再び京成に乗り、スタンプ取得駅の
矢切を経て、寅さんサミットが行われている
柴又へ向かいました。
20181103_05_北総7300形電車@京成立石

4.京成押上線・北総鉄道 京成立石12:00→矢切12:09
5.北総鉄道 矢切12:29→京成高砂12:34
6.京成金町線 京成高砂12:37→柴又12:39

矢切駅は千葉県松戸市の駅ですが、
「矢切の渡し」が作品に何度か登場しており、
駅には渡し船が展示されています。

柴又駅でこの日5つ目のモバイルスタンプを
取得しましたが、寅さんサミットに向かう人々で
賑わっていました。
20181103_06_柴又駅 駅舎

7月にも日曜日に柴又帝釈天を訪れたのですが
その時とは人の量が明らかに違っていて、
参道を抜けるのにも一苦労でした。

柴又帝釈天でも寅さんサミットの開催を
祝してたくさんの参拝客がありました。
20181103_07_柴又帝釈天 寅さんサミット

帝釈天に一度お参りしてから、門前の道を
右に入りしばらく歩くと、寅さんサミットが
開催されている広場にやって来ました。

こちらでは全国各地から集まったロケ地の
ブースでご当地グルメなどが振る舞われて
いましたが、ここ食事に選んだのは地元の
柴又から出店していた屋台の焼きそばでした。
20181103_08_寅さんサミット特設会場

特設ステージでちょうど岡山県津山市のPRを
行っており、牛肉が美味しそうで食べたかった
のですが、売れてしまったようで…。

その後、もう少し先にある「寅さん記念館」
にも足を運びました。記念館の中には
入りませんでしたが、エントランスの地面に
描かれた全国のロケ地の地図を見たり、
待合室で昔の作品を上映していたりで
楽しむことができました。
20181103_09_寅さん記念館 寅さんサミット

実は寅さんサミット開催中の2日間で
「ぶらり柴又散策」というスタンプラリーも
行われており、実はそのスタンプ収集が
目的でいろいろ回っていました。

寅さん記念館の真上にある柴又公園で
スタンプラリーの記念品をいただき、
これで柴又を後にしました。

7.京成金町線 柴又13:54→京成金町13:57
8.JR常磐線 金町14:01→北千住14:11

ここまでのJR金町、亀有の各駅でも
寅さんサミットラリーのモバイルスタンプを
取得。さらにこの日は、作品のロケ地になった
茨城県つくば市のモバイルスタンプも取得
しようと、つくばエクスプレスにも乗車です。
20181103_10_つくばエクスプレス@北千住

9.つくばエクスプレス 北千住14:24→つくば15:06

寅さんサミットのモバイルスタンプは
研究学園とつくばの2駅で取得。
10年ほど前につくばエクスプレスの割引切符で
筑波山に行ったことがありますが、そういえば
最近そっち方面には行ってないなぁ。

この日はスタンプの取得だけして、
来た道を戻って帰りました。
かんとうみんてつモバイルスタンプラリーでも
つくばエクスプレスのスタンプを忘れずに
取得。対象駅はみどり野駅でした。

10.つくばエクスプレス つくば15:11→秋葉原15:56
11.JR京浜東北線 秋葉原16:05→横浜16:48

これでこの日の鉄旅は終了です。
寅さんサミットのモバイルスタンプは全部で
9個取得となり、残りは41個なのですが、
北は秋田県鹿角市、南は宮崎県日南市と
範囲はかなり広め。これを2019年9月末まで
集めるって、果たして出来るのだろうか…。

次回はまた、かんとうみんてつ巡りになります。
2019年もどうぞよろしく申し上げます。

かんとうみんてつ巡り2018 その3(湾岸・北総)

2018年10月29日(月)

この日は会社の年休を使って、東京と千葉の
かんとうみんてつモバイルスタンプラリーの
スタンプ取得駅を巡りました。

ついでに過去何回か参加している
「大本山スタンプラリー」のスタンプも取得しに
川崎大師と成田山新勝寺にも訪問しています。

1.JR東海道本線 横浜10:10→川崎10:19
2.京急大師線 京急川崎10:24→川崎大師10:29

ということでやってきた、川崎大師駅。
以前訪れた時と比べ、駅名標が変わりました。
20181029_01_川崎大師駅 駅舎

川崎大師の大本堂に向かって右にある
御護摩受付所にて大本山スタンプを取得。
いくつか写真を撮りましたが、このブログでは
何度か紹介しているので割愛…

前回の川崎大師訪問の記事はこちら。
2017/9/30 かんとうみんてつ巡り2017 その1(私鉄3社&川崎大師篇)

ただ、割愛できないものが1つありました。
前回の訪問日2017/9/30の翌日、10/1に
除幕式があったこちらが初見でした。
20181029_02_川崎大師 北の湖銅像

第55代横綱・北の湖敏満氏の銅像です。
現役時の姿ではなく、後の相撲協会理事長の
姿が銅像になったんですね。横綱土俵入りの
姿は横の案内板に写真で紹介されています。

北の湖氏は川崎大師平間寺の檀家ということで
三回忌を機に建立が決まったようです。

川崎大師を後にして、ここからはみんてつの
スタンプラリーで東京湾岸に沿った鉄道で
移動していきます。

3.京急大師線 川崎大師11:00→京急川崎11:06
4.京急本線・空港線 京急川崎11:10→天空橋11:20

この日みんてつ1社目は東京モノレール。
モバイルスタンプ取得は流通センター駅です。
昭和島駅で空港快速が各駅停車を追い抜く
ところを撮影しました。
20181029_03_東京モノレール@昭和島

5.東京モノレール 天空橋11:31→天王洲アイル11:44
6.りんかい線 天王洲アイル11:58→東京テレポート12:02

スタンプ2つ目はゆりかもめの台場駅です。
でも経路上ゆりかもめには乗車せず、
りんかい線の東京テレポート駅から歩いて
台場駅を訪問して駅舎と列車を撮影しました。
20181029_04_台場駅とゆりかもめ

スタンプ取得後、再びりんかい線に乗車して
途中の東雲駅で3つ目のスタンプを取得。
終点の新木場駅でりんかい線70-000形を
撮影しましたが、列車がホーム一杯に
停車するためこんな格好に写ります。
20181029_05_りんかい線70-000形@新木場

7.りんかい線 東京テレポート12:30→新木場12:37
8.JR京葉線 新木場12:56→西船橋13:16

西船橋からは4つ目の民鉄、東葉高速鉄道
です。乗車したのは自社の車両ではなく、
直通先の東京メトロ東西線05系でした。
スタンプ取得は終点1つ手前の村上駅です。
20181029_06_東京メトロ東西線05系@西船橋

9.東葉高速鉄道 西船橋13:29→東葉勝田台13:50
10.京成本線 勝田台14:00→京成成田14:21

5つ目の民鉄は京成電鉄、スタンプ取得は
京成成田駅です。7月に1度来た場所では
ありますが、みんてつと大本山、2つのスタンプ
のために今年2回目の訪問になりました。
20181029_07_京成成田駅 駅舎

前回訪問時はお祭りで賑わっていましたが
この日は平日なので人も疎らでした。
参道を歩いて成田山新勝寺に到着、
大本堂向かって左手の御守受場において
大本山スタンプを取得しました。

その後、新勝寺の境内を散策しますが、
境内の写真はこちらの記事に任せます。
7/8 成田山号で行く京成沿線3寺社巡り 前篇(成田山号~新勝寺)

上記の記事で紹介していない場所を1か所
紹介します。平和大塔の手前に建てられた
醫王殿(いおうでん)です。
20181029_08_成田山新勝寺 醫王殿と平和大塔

2017年の開基1080年祭の記念として建立。
出来てまだ1年の新しいお社でした。
中には如来や菩薩が安置され、健康長寿・
病気平癒の祈願道場となっています。

ここまで見てから京成成田駅に戻って、
みんてつラリーをさらに進めます。

ちょっと値段が高く付きましたが、
・空港第2ビル駅(成田空港高速鉄道)
・成田湯川駅(成田高速鉄道アクセス)
・大町駅(北総鉄道)
と連続してスタンプを取得していきました。

11.京成本線 京成成田15:42→空港第2ビル15:49
12.京成成田スカイアクセス線 空港第2ビル16:07→新鎌ヶ谷16:34

新鎌ヶ谷駅で京急車両のアクセス特急から、
都営車両の北総線各駅停車に乗り換えです。
20181029_09_京急新1000形と都営5300形@新鎌ヶ谷

13.北総鉄道 新鎌ヶ谷16:41→大町16:44

大町駅で下車し、近隣に位置する新京成線の
くぬぎ山駅まで歩きました。
新京成線でのみんてつスタンプは五香駅で
取得します。

14.新京成電鉄 くぬぎ山16:57→松戸17:12

終点での松戸駅で新京成線の最新鋭車両
N800形を撮影。以前の車体は茶色がベース
でしたが、ピンクの帯にイメージチェンジです。
20181029_10_新京成電鉄N800形@松戸

ここまで来たら流鉄も…と今までなら行って
いましたが、今回流鉄は別の機会に行くことに
決めているため、ここでスタンプ取得は完了。
JRを乗り継いで横浜に戻りました。

15.JR常磐線 松戸17:25→上野17:45
16.JR上野東京ライン 上野17:52→横浜18:27

これでこの日のスタンプ集めの鉄旅は終了。
実に16本もの電車を乗り継ぎ、スタンプ取得が
優先の行程でしたが、歴史と現代両方の
風景を楽しむことができた鉄旅となりました。

次回は11/3の葛飾区訪問をお送りしますが、
ここで新たな壮大なラリーと出会うことに…。

2018年の投稿は今回が最後となります。
今年もご覧いただき、ありがとうございました。
来年も引き続き、よろしくお願いします。
プロフィール

ぼんばー

Author:ぼんばー
いつか日本の鉄道を乗りつくすことを夢見て、ひたすら日本を旅しています。鉄道に関するパワーサイトを構築することが目標です。

乗り鉄の会

鉄道旅行派の同好会に
参加しています。
(敬称略・五十音順)


hmdの鐵たびブログ
ローカル線の旅
by hmd

写真を中心に「見る紀行文」で、
長期連載しています。


かめかめブログ
by かめ

鉄道、旅、B級グルメ、季節・・・


鉄・街・旅な、つぶやき日記
by あいあんさいど

鉄道、街歩き、旅…などなど。
いろんな思いを、感じたままに。


日本鉄道路線 制覇への挑戦!
by タカ&ヨシ

日本の鉄道、全路線を制覇に
挑戦しています。


本気で全線を走破したい
ぼんばーの日記
by ぼんばー

本気に全線走破をするまでの
過程を徒然と日記で綴ります。

FC2ブログランキング

ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

清き一票をお願いいたします!

にほんブログ村

モテる人のメール